1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

歯科治療大革命!人類待望の安価で高性能な夢の義歯『ウェルデンツ』誕生! ~軽くて自然な装着感、高分子結晶体を応用したブリッジ型デンチャーで口腔内メタルレスを実現~

@Press / 2012年5月10日 11時30分

左:従来の入れ歯 右:ウェルデンツ
株式会社ウェルデンツ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:安藤 浩史)は、金属クラスプ(固定金具)を使用しない特殊樹脂一体成形で、違和感のない最高の装着感、しかも周りの健康な歯と見分けがつかない自然な入れ歯(ブリッジ)の世界特許製品『ウェルデンツ』を、特許歯科用樹脂製品販売会社の株式会社モデア(本社:愛知県名古屋市、同代表者)と2社共同で開発しました。
本製品樹脂は吸水性が無いために変色・変質せず、口臭の原因となる歯周病の恐れもありません。また、最善の素材とされていたセラミックスは割れやすく硬すぎるために、噛み合わせ側の自然歯が数年で削れてしまいますが、『ウェルデンツ』は安価にもかかわらず割れることのない強靭さで、相対する自然歯を傷めることもなく、体に優しい柔軟性を兼ね備えた世界初の白色樹脂です。審美性・耐久性に優れながらも、大変製造しやすい究極の義歯となっています。
『ウェルデンツ』は、2011年7月に日本国内での薬事法承認番号を取得し、アメリカ、オーストラリア、韓国でも薬事申請が承認されました。そのほか、中国、シンガポール、マレーシアなど、続々と申請中です。日本から全世界に向けて人類待望の最新歯科治療技術を発信いたします。


◆『ウェルデンツ』開発の背景◆
株式会社ウェルデンツ代表の安藤 浩史は、保険外治療(自費治療)は富裕層だけのものということに疑問を感じていました。保険内治療では審美性を度外視した金銀パラジウム合金、いわゆる銀歯を入れざるを得ません。
見栄えの良い白色のセラミックス義歯の場合は自費治療となり、1本あたり数万円~数10万円と高額です。1本が欠損したブリッジの場合、その両側の健康な歯にも被せるため3本分の費用がかかり、より本数の多い入れ歯であれば莫大な費用となるため、ほとんどの患者様が諦めて保険内治療を受けているのが現状です。
高額なセラミックスは審美性には優れていますが、高硬度と引き換えに靭性が低いために割れたり、噛み合わせ側の自然歯が削れてダメージを負うエイジングという問題も多数報告されています。こうした問題を踏まえ、自然な装着感、見た目の良さ、丁度良い強度、変色・変質などの耐久性、価格など、様々な問題をクリアした夢の補綴(ほてつ)材料を目指して2002年より開発に着手しました。数百種にわたる材料や様々な配合割合の試験を繰り返し、理想的な性能を発揮する特殊樹脂を開発しました。


◆従来の製品との違い◆
すでに10,000人以上の患者様にモニタリングを行っています。その結果、従来にない最高の装着感と、雑菌を寄せつけない衛生的な安全性、そして残存している健康な歯牙と区別がつかないくらいの審美性を追求した、全てに満足のいく新世代のブリッジ型デンチャーを生み出すことに成功しました。まだ保険外治療ではありますが、従来の高額治療費の数分の1程度で、最も効果的で満足できる治療が可能です。
最終手段とも言われているインプラントは、患者に身体的・費用的にも負担がかかり、耐久性も絶対に永久とは言えません。支台材料であるチタンの金属アレルギーや、神経を抜いたことによる感覚喪失に起因する、過度な噛み込みによる骨や顎関節の炎症なども報告されています。『ウェルデンツ』は、インプラント治療を行う前に歯の不具合を解決できる可能性が非常に高い夢の製品です。


◆『ウェルデンツ』とは?◆
高分子結晶体の中でも独自に複雑な配合成分を導き完成された、特殊な樹脂を用いた入れ歯、ブリッジ、クラウン(被せ物)など、全ての製品(完成物)の総称が『ウェルデンツ』です。特殊樹脂そのものだけを指すものではありません。
特に入れ歯では従来の常識を超え、水に浮くほど軽量なために従来のブリッジのように違和感がなく、着脱式形態のため粘膜の清掃性にも優れています。樹脂自体に吸水性が無いために、レジン樹脂やその他の類似樹脂と違って変色・変質せず非常に衛生的です。
本製品自体も、使用される樹脂と同様に世界初の世界特許出願口腔内装着製品となります。痛くない、削らない、臭わない、ノンアレルギーなど、人類待望の夢の製品です。


◆製品特徴◆
1.治療の際、患者様の健康な残存歯牙を削る必要はほとんどありません。(従来は入れ歯の固定金具ブリッジを引っ掛ける台を作るために、治療部両側の健康な歯牙までも削る必要がありました)
2.幾多の研究により人体にとって最も優しい柔らかさを追求しました。
3.装着後もほとんどメンテナンス・フリーでご使用いただけます。
4.お口に入れたままブラッシングできます。
5.入れ歯洗浄剤もほとんど使用することなくご使用できます。
6.軽量でコンパクト、そして弾力性に富み丈夫です。ハンマーで叩いても割れません。
7.残存歯牙と同色のため、群を抜く審美感です。
8.吸水性が無い新素材のため、変質・変色の恐れがありません。
9.固定金具は一切使用しないため、違和感も無く、金属アレルギーの患者様に最適です。口腔内メタルレスを目指します。
10.溶出による人体への影響はありません。
11.薬事法承認番号が承認された安全・安心な製品です。


◆『ウェルデンツ』が笑顔を作る!◆
本樹脂の特性を活かした症例は、クラウン(被せ物)や、1本抜けた状態から総入れ歯の状態までをカバーします。治療時の痛みも伴わず、快適に不安なく本製品をご導入いただけます。残っている歯を削ることなく温存し、高額な治療費やリスクのある高度な手術も必要としません。
“全てに安心”をコンセプトに、全世界の専門医だけが扱うことのできる画期的な製品です。従来のセラミックスを用いた治療より格段に安価で現実的です。
銀歯との決別で患者様の審美的満足感とともに、お口を大きく開けて笑うことのできる、自然で快活な表情までをも提供いたします。また、好きな物を好きなだけ美味しく食べられるということは生きる活力も生み出します。


◆『ウェルデンツ』が歯科治療革命を起こす!◆
すでに入れ歯やブリッジを入れている方の多くは、次のような過程を経ているはずです。
若くしてむし歯になり、安価で済む保険内治療の金銀パラジウム合金を詰め、数年経つと酸化による腐食で接着面に隙間ができて内部にむし歯が再発。詰め物が取れるとまた削って新たな詰め物をして、その繰り返しにより穴が大きくなります。歯を削り取る部分が限界になると、金銀パラジウム合金で歯全体を覆うクラウンにしますが、やはり内部が腐食してむし歯が再発。歯周病による口臭の原因になるばかりではなく、やがて抜歯という「むし歯スパイラル」に陥った最悪の結末になる、という過程です。
しかし、『ウェルデンツ』は酸化しませんので、むし歯初期の段階から使用すればこうした原因で歯を失うことが防げます。また、神経を抜いてその中に支台(コア)を立てて義歯を被せる場合も、支台を銀合金や吸水性のある樹脂(保険内治療のほとんどが樹脂)で製作してしまうと、同じく酸化や吸水による腐食で同様の問題が発生しますが、『ウェルデンツ』素材で支台を製作すれば腐食することもなく、また柔軟性があるために、歯茎や骨にも優しい結果になります。『ウェルデンツ』は、従来の治療とは全く次元の違う、患者様の立場に立って患者様の将来を考えた画期的な製品です。


◆インプラント上部構造体にも注目されつつあります◆
インプラント上部構造体とは、インプラント(人工支台)を埋入後、安定したのちにインプラントの上から被さる人工歯部のことをいいます。既にインプラント治療を済まされた患者様からは、人工歯部が割れるという欠陥が指摘されています。この原因は、インプラントを埋入した場合、本来、天然歯の歯根部に備わる噛み合わせる力を脳に伝達する役割の歯根膜がインプラント埋入部には再生しないからです。つまり、インプラントは非常に良く噛めますが、噛む力が顎や人工歯部に大きな負担をかけていることを制御できず、上部人工歯部(ほとんどがセラミックス製)にかかる応力が増大して割れてしまう現象が多発してきています。このような場合、フレキシブルで柔軟性があり、衝撃吸収力に富む『ウェルデンツ』素材をインプラント構造部に活用することにより、破折現象を回避することができ、なおかつ顎の骨にかかる負担を軽減できるという理由から、一部のインプラント専門医からも注目されつつあります。


◆治療費について◆
まだ『ウェルデンツ』は保険外治療(自由診療)ですので、医療機関や治療内容によって治療費が変動するために具体的な価格は提示できませんが、セラミックスの3分の1以下での治療が可能になります。また、インプラント治療との比較では数分の1程度となり、大変経済的です。最も安心で優れた素材による治療が、安価に提供できるようになりました。


◆協力・提携先◆(2012年4月現在)
協力:歯科用特殊樹脂販売会社 株式会社モデア
提携:全国600医院 http://weldenz.com/dentist.html


■株式会社ウェルデンツ会社概要
(1)商号     :株式会社ウェルデンツ ( http://weldenz.com )
(2)代表者    :代表取締役 安藤 浩史
(3)本店所在地  :愛知県名古屋市中村区椿町10-3 ラ・フロル椿203
(4)設立年月日  :2011年4月
(5)主な事業の内容:歯科技工
(6)資本金    :13,000,000円

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

左:従来の入れ歯 右:ウェルデンツ 従来の入れ歯:両側の健康歯を削って溝を作り、固定金具を引っ掛ける ウェルデンツ:両側の歯は削らない

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング