エンジニア・クリエイターのクラウドソーシングサービスを提供する株式会社クラウドワークス、日本最大のiPhoneアプリ開発スクール「RainbowApps」を運営するジークラウド株式会社と業務提携

@Press / 2012年3月29日 15時0分

 株式会社クラウドワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 浩一郎、以下「当社」)は、日本最大のiPhoneアプリ開発スクール「RainbowApps」を運営するジークラウド株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:渡部 薫、以下「ジークラウド社」)と、相互の集客や相互の会員への利便性の向上を目的とした業務提携について合意したことをお知らせします。


1.業務提携の趣旨及び目的
 ジークラウド社は、日本最大のiPhoneアプリ開発スクール「RainbowApps( http://school.rainbowapps.com/ )」を運営しており、1,500名を超す受講生を輩出しております。Androidアプリ開発講座も開設され、こちらも注目を集めております。
 当社は「21世紀の新しいワークスタイルを提供する」をミッションに、エンジニア・クリエイターが場所や時間にとらわれずに仕事ができる非対面の仕事プラットフォーム「クラウドワークス」( http://crowdworks.jp/ )を展開しております。
 今回、両社の業務提携により、「クラウドワークス」は以下の取組を進めてまいります。

(1)iPhoneアプリ、Androidアプリ開発者の充実(RainbowApps受講生への案件紹介)
 「クラウドワークス」を利用するクライアント(発注者)の声として、「iPhoneアプリの開発やAndroidアプリの開発といったスマートフォン向けの開発をする人材をもっと増やして欲しい」との声が多数ございました。今回のジークラウド社との提携により、1,500名を超す受講生がRainbowAppsで培った技術を活かして「クラウドワークス」上で受注を行うことを促進してまいります。

(2)クラウドソーシングを活かした大手ECサイトの英語翻訳事業に着手
 ジークラウド社が提携する大手ECサイトと連携し、クラウドソーシングを活かした英語翻訳事業に着手いたします。背景として現在、大手ECサイトを通して月間100社以上のペースで、日本企業が海外向けECを開設している状況があり、その商品紹介、企業紹介の文章の英語翻訳をジークラウド社が受注しております。この度の提携により、その英語翻訳のクラウドソーシングを「クラウドワークス」上で開始してまいります。
 翻訳のクラウドソーシングは昨今の多くの日本企業の海外展開を背景にして今後さらにニーズが高まると考えており、今回の提携を皮切りに取組みを積極的に進めてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング