「企業魅力度」を測るグローバル調査 「ランスタッドアワード」日本初開催

@Press / 2012年3月30日 13時30分

人をひきつけるトロフィー
世界最大級の総合人材サービス会社で、世界40の国と地域で事業を展開するランスタッドホールディング・エヌ・ヴィー(本社:オランダ王国ディーメン、CEO:ベン・ノートブーム)の日本法人であるランスタッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼COO:井上 守、以下 ランスタッド)は、世界15ヵ国で実施され、「働く人をひきつける魅力のある企業」を調査・表彰するアワードとして認められている「ランスタッドアワード」を日本で初めて開催いたします。アワードの発表と表彰式は本年5月28日(月)に行います。


■「企業魅力度」を測る「ランスタッドアワード」
今回初めて日本で開催されるランスタッドアワードは、学生や社会人が勤務先として今最も「働く人をひきつける魅力のある企業」を選ぶアワードです。調査対象は18歳から65歳までの男女、7,000名を対象に、売上規模が大きい企業170社から知っている企業、その企業で働きたいかどうか、またどのような点を重視するか等を調査し、評価の高い企業を表彰します。調査機関としてICMA(※)に委託し、第3者機関による客観性保持と主観による偏りのない調査としました。また、日本での調査にあたり、東京大学の佐藤 博樹教授に監修をいただきました。
※ICMA:ベルギーに本社を置く1984年創業の専門調査会社。従業員満足度、顧客満足度、イメージ調査などをグローバルに提供し、大手日本企業も顧客として利用しています

1999年、ベルギーで始まった本アワードは年々調査対象国を拡大しており、2011年には世界12ヵ国で開催され、大手グローバル企業から、各国の地場企業、日本企業まで様々な企業が表彰され、「企業魅力度」を測るアワードとして高く評価されています。また各国同じ基準で調査が行われるため、国ごとに被雇用者からみた働きたい価値や、企業・業界の特徴、人気などを比較対照することができ、今後グローバル化・流動化する雇用環境のなかで自国・他国において、被雇用者をひきつけるエンプロイヤーブランドの確立に貢献しています。

受賞企業には「人をひきつける企業」にちなみ、人型のマグネットが「引きつけられる」つくりのトロフィーが贈られます。
http://www.atpress.ne.jp/releases/26417/1_1.jpg


ランスタッドアワード実施概要
調査対象    :18歳から65歳までの男女、7,000名、インターネットによるインタビュー調査
調査・集計期間 :2012年3月下旬~4月上旬
調査方法    :連結ベースで従業員人数1,000人以上の企業から、売上順位で調査対象を選定、またそれらに準じる有力企業を含めた計145社の日系企業を対象。海外企業枠を別途設け、同内容で25社の調査を実施

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング