BIGLOBEとぐるなびがチェックインサービスで連携~20万店以上の飲食店にTwitterアプリから手軽にチェックインが可能~

@Press / 2012年4月4日 13時0分

チェックイン画面
BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2012/04/120404-a


 NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)は株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保 征一郎、以下 ぐるなび)と連携し、本日より、Twitterアプリから飲食店にチェックインできるサービスの提供を開始します。(URL: http://s.twipple.jp/ )

 BIGLOBEは、スマートフォン向けTwitterアプリ「ついっぷる」において、利用者が現在いるスポット(場所)の情報を、記録・ツイートできるチェックインサービスの提供を開始します。Twitterアプリの機能としてチェックインサービスを提供するため、利用者はチェックインアプリのダウンロードが不要です。スポット情報は「ぐるなび」と連携し、20万店以上の飲食店情報を提供します。また、同時に、宿泊施設、映画館など、独自に収集した約50万カ所のスポット情報も提供するほか、利用者によるスポットの追加が可能です。

 ぐるなびでは、サードパーティNo.1(注1)の投稿件数を誇るTwitterアプリ「ついっぷる」と連携することで、「ぐるなび」の利用機会の拡大と、情報の拡散による「ぐるなび」加盟店への集客向上を目指してまいります。


 このたびの連携の特長は下記の通りです。

1.チェックイン、Twitterへの投稿に加え、写真加工までがひとつのアプリでできる
  「ついっぷる」では、Twitterの閲覧、投稿、チェックイン、写真の撮影・加工など、様々な機能をひとつのアプリ上で提供。これにより、食べ物の写真を撮影して、“美食モード”で加工し、チェックイン、ツイートという一連の操作が本アプリだけで可能になる。

2.「ぐるなび」クーポンをスムーズに入手できる
  チェックイン時に表示される店舗情報から、「ぐるなび」が提供するクーポンを取得できるため、これまで、クーポンを活用する機会が無かった利用者も、気軽に利用できる。2012年6月には、スポット一覧画面に、“クーポン有”マークを表示予定。これにより、“現在地付近で、クーポンのあるお得なお店”といった検索が可能になる。

3.行きたいスポットの登録、GPS情報による通知機能を提供
  実際に行ったスポットだけでなく、これから行きたいスポットを記録・ツイートし、友人と共有できるほか、GPS機能を利用している場合には、記録したスポットに近づくとお知らせする機能を提供。今後は、本機能を活用したクーポン配信なども検討していく。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング