1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

テニスボール「DUNLOP HD」を新発売

@Press / 2021年7月5日 10時30分



住友ゴムグループの(株)ダンロップスポーツマーケティング(社長:木越 浩文)は、耐久性や内圧の維持を重視する部活動やサークルなどの練習球におすすめのテニスボール「DUNLOP HD」を7月5日から発売しています。価格はオープンです。
「DUNLOP HD」は「SRIXON HD」をリニューアルしたもの※2で、プレーヤーが理想とする練習球により近づけるため、高耐久ボールのメリットをキープしながら、フェルトを改良しました。従来フェルトの素材配合と厚みを見直し、打球感を左右するフェルト自体の伸縮性が向上。これにより実打評価では、「打球感が柔らかくなった」「コントロールがしやすくなった」「良い意味で飛びがおさえられている」などの評価をいただきました※3。また、従来ボールの特長でもあった耐摩耗性のさらなる向上も実現しています。
※1「理想の練習球」とは、当社が定めた定義です。15名のテニスコーチにアンケートを実施し、「理想の練習球」に求められる6項目(スピード感、スピン性能、球離れ、飛び、打球感の柔らかさ、打球感の軽さ)の性能を設定。各項目偏りがなく、バランスが良いボールを「理想の練習球」と定義しました。
※2「SRIXON HD」は廃番となり「DUNLOP HD」にランニングチェンジします。
※3実打テストをした、テニスコーチ15名の官能評価


画像 : https://newscast.jp/attachments/1kKBEUX8oOGSGJuCHIrg.jpg


テニスボール「DUNLOP HD」の特長


<フェルトの改良により、高耐久ボールのメリットを維持しながらデメリットを改善>
・メリット
耐久性に優れた不織布タイプのフェルトを採用していることから、織物タイプのフェルトに比べ、特にオムニコート®などでは擦り減りにくく、カーペットコートでは毛羽立ちにくいなどの性能を発揮。
・デメリット
不織布タイプのフェルトは伸縮性が低くなるため、織物タイプのフェルトを採用している「セント・ジェームス」などの練習球と比較すると、「硬くて、飛びすぎる」「コントロールがしにくい」との声があった。
▼フェルトの改良でデメリットを改善▼
改良点1:従来フェルト(不織布タイプ)の素材の配合を見直した。
改良点2:フェルトの厚みを増した。
<改良後の効果>
・打球感を左右するフェルトの伸縮性が向上(従来モデルと比較し、打球感が柔らかく感じるようになった)。
・従来からの特長である耐摩耗性も向上した。


画像 : https://newscast.jp/attachments/W9G0R8ctKXYL47K5X3QH.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/7uc6rmuhXKrpuBvYrBe6.jpg


テニスボール「DUNLOP HD」の概要


ボールタイプ:プレッシャーライズド・テニスボール
カラー:イエロー
素材:メルトン=ウール、ナイロン、ポリエステル、コア=ゴム
価格:オープン価格
原産国:タイ
公認:国際テニス連盟公認球
仕様:4個入ペット缶/1ケース(15缶)




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング