海外パケット定額のモバイルWiFiレンタル「ビジョン グローバルWiFi」 シンガポールにおけるサービス・ベース事業者免許取得 ~シングテルとの正規事業者契約を締結し、WiFiルータレンタルを提供開始~

@Press / 2012年4月10日 12時0分

株式会社ビジョン(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐野 健一)の100%子会社で、海外向けモバイルWiFi レンタルサービス「ビジョン グローバルWiFi」を提供するビジョンモバイル株式会社(以下「ビジョンモバイル」)は、この度、シンガポール情報通信開発庁(*1)からシンガポール現地法人(名称:GLOBAL WIFI.COM PTE.LTD.)への同国における通信事業を行うための事業免許“サービスベース事業者”(*2)の認可を受けました。

これにより、シンガポールにおけるモバイルWiFiルータレンタル事業を行うことが可能となり、「ビジョン グローバルWiFi」の同国向け渡航者へサービスを開始しました。

サービスにあたっては、同国最大の通信会社であるシンガポールテレコム(Singapore Telecommunications Limited)と現地回線の提供を受ける正式契約を締結の上、調達。高品質のモバイルインターネットを実現しました。
現在3G規格でのサービスとなっており、料金は通常1日あたり1,570円(3日前までの予約による早割は1,170円)となります。今後は同国内4Gエリアの拡大にあわせて同規格での提供を図っていく予定です。

ビジョンモバイルは、昨今の海外におけるモバイルインターネット接続需要にお応えするために、「ビジョン グローバルWiFi」を世界各地でご提供しています。
当サービスをお使い頂くことにより、渡航中のスマートフォン・タブレット端末・PCによるモバイルインターネット接続が、高速で安定した現地ネットワークで、料金も携帯電話事業者が提供するローミングサービスに比べて大幅に安価でのご利用が可能となり、観光、ビジネスのシーンにご活用頂けるようになります。

当社は、今後とも世界中で快適なモバイルインターネット接続ご利用環境の提供を行い、特に高速接続スピードが実現する4G規格サービスの提供を推進してまいります。

ビジョン グローバルWiFi: http://townwifi.com/


(*1)シンガポール情報通信開発庁
・名称:Info-communications Development Authority of Singapore(略称:IDA)
( http://www.ida.gov.sg/ )
・情報産業分野の規制機関、および振興機関。1999年12月発足。

(*2)サービスベース事業者
シンガポールにおける通信事業免許の種類。
電気通信設備を所有して行う設備ベース事業者(Fasilities-Based Operator:FBO)と、設備を持たずに行うMVNOなどのサービス・ベース事業者(Service-Based Operator:SBO)とに大別されています。
今般弊社は、シンガポールへの渡航者へモバイルWiFiルータのレンタルを行うための事業免許の認可を得たため、サービスを開始するものです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング