.NET 開発環境下での帳票作成ツール「Reports.net Ver 6.3」、リリース

@Press / 2012年4月11日 9時30分

有限会社パオ・アット・オフィス(本社:千葉県習志野市、代表取締役:村井 誠)は、Microsoft .NET 開発環境下での帳票作成ツール「Reports.net Ver 6.3」を2012年4月11日にリリースします。
製品サイト: http://www.pao.ac/reports.net/


今回リリースする「Reports.net Ver 6.3」は、業務系アプリケーション開発を自ら生業としているパオ・アット・オフィスが、同じ開発者の目線で設計・開発した、これまでの.NET帳票ツールの弱点をカバーした製品です。
日本の帳票に要求される機能を盛り込み、.NET開発者の皆様の開発および運用における使い勝手を最優先に考慮しました。


【今回のバージョンアップ内容】
◆デザイン時以下の機能を追加
1. 繰り返しの指定をした場合、レイアウト上に表の罫線等、繰返し分を背景として表示することができるようになりました。
通常のオブジェクトの色と分けるため、繰返し分の初期表示色をシルバーとし、プロパティにより変更できるようにしております。表全体の高さがわかり、デザインがしやすくなりました。

◆文字列枠(テキストボックス)に関する以下の機能を追加
1. 文字列枠(テキストボックス)内、縦方向の位置を指定可能にしました。

2. 文字の伸縮は、枠いっぱいに文字列を伸縮出力する機能です。
今回、指定フォントサイズで、縦の高さは固定とし、横方向にだけ伸縮する機能を追加しました。指定桁数や、指定バイト数を超えたときのみ伸縮する機能と合わせてお使いください。横方向のみ伸縮しますので、今回改善された文字列枠(テキストボックス)内縦位置の指定もあわせてお使いいただけます。

3. 文字列枠(テキストボックス)の枠線を出力できるようにしました。
これまでは、文字列枠(テキストボックス)とは別に四角オブジェクトを重ねたり罫線を用意する必要がありました。
今回改善により、文字列枠(テキストボックス)の枠線だけでまかなえるようになります。
こちらの機能も、文字列縦位置のセンタリング等と合わせてお使いください。

◆その他、不具合の改修
1. 文字位置「右寄せ」で文字列を出力時、文字列末尾にスペースがある場合、右端のスペースが消えてしまう不具合を改修。

2. 四角形オブジェクトの線色等いくつかの属性を動的に変更しようとすると、エラーとなる不具合を改修。

@Press

トピックスRSS

ランキング