1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ミュージシャン・渡會将士の処女小説『西の果てのミミック』を7月15日(木)より配信開始電子書籍特典として書き下ろしショートショートを収録!

@Press / 2021年7月15日 13時0分

書影『西の果てのミミック』
株式会社文藝春秋 電子書籍編集部では、7月15日(木)に渡會将士さんの『西の果てのミミック』の電子書籍版を紙の単行本と同時に発売いたします。さらに電子書籍には特典として書き下ろしショートショートを収録しています。

著者の渡會将士さんは1981年生まれの人気ミュージシャン。処女作『西の果てのミミック』は、主人公が訪れた長崎県で、奇妙な女性と出会い、不思議な出来事に遭遇するエンターテインメント小説。これまで200曲以上の作詞を手掛けてきたという渡會さんの言葉に対するこだわりが生んだ作品でもある。舞台となる長崎は、自身のライブなどで度々訪れてきた渡會さんにとって特別な場所。「長崎は雨だった」という歌も作るほど、ゆかりの深い土地でもあり、作品内には長崎の魅力もふんだんに詰めこまれている。

■『西の果てのミミック』あらすじ
ある夜「僕」は長崎港でずぶ濡れの女と出会う。
女は美しく、その瞳は井戸の底のように暗かった。
和、中華、オランダの文化が入り乱れる長崎を舞台に、
オールドムービー、歴史、オカルト、グルメがちゃんぽんになって、
物語は奇妙なキメラへと姿を変えてゆく。

■渡會将士さんプロフィール
わたらい・まさし 1981年生まれ。埼玉県出身。2001年、東京にてメンバーと共にFoZZtoneを結成。2007年メジャーデビュー。2015年3月活動休止。2012年に初のソロ作品を発表後、精力的にソロ活動を展開。「マスターオブライフ」など数々の作品を世に送り出す。2015年、菊地英昭氏がプロデュースするプロジェクトbrainchild’sのヴォーカルとしてオファーを受け、作詞も担当している。
最新デジタルシングル『Thank you』を7月28日(水)に配信予定。
iTunes storeプレオーダー事前予約受付中

■書誌情報
書名:『西の果てのミミック』
著者名:渡會将士
発売日:7月15日(木)
価格:1600円(税込) ※電子書店によって異なる場合がございます
商品URL: https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1639139800000000000R
販売電子書店: Kindleストア、Apple Books、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、BOOK☆WALKER他、電子書籍を販売している主要書店



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング