「経営」と「知的財産」の双方を理解し、架橋する新しい高度専門職 新資格「知的財産アナリスト」を創設

@Press / 2012年4月16日 13時30分

 知的財産教育協会(東京都千代田区、代表理事会長:棚橋 祐治)は、企業経営・ファイナンス・知的財産の専門知識を基礎に企業の戦略的経営に資する情報を提供できる専門人財として、新しく、「知的財産アナリスト」を資格として創設し、認定講座を開始します。

 この資格の創設により、わが国における無形資産投資を拡大し、無形資産大国の実現に貢献したいと考えています。


【知的財産アナリスト認定講座】 http://ip-edu.org/ipa


■知的財産と経営を架橋する人財の必要性
 経済白書(2011年7月22日)では、未曾有の大震災からの復興を見据え、わが国の経済戦略として災害にあっても「毀損」しにくい資産である無形資産への投資を加速させるべきという「無形資産大国への道」を提唱しました。白書ではそのような「無形資産投資」の前提として、その価値評価の重要性すなわち「無形資産の計測の重要性」も同時に指摘しています。

 企業の知的財産マネジメントにおいて、「経営」と「知的財産」を連動させる必要がある、という点には異論がありませんが、実践できている企業は大企業・中小企業を問わず、未だに少ないのが実情と言われています。この原因を分析した結果、企業経営・ファイナンス・知的財産という少なくとも3つの領域の専門性を持って「経営活動と知的財産活動を結びつけられる人財」、「知的財産の価値評価をできる人財」が世の中にほとんどいないことが大きな要因の一つである、という仮説に行き着きました。

 そこで、当協会では、2011年よりそのような人財の育成を目的とした養成講座を創設し、取り組んできたところ、現実の企業においてそのような人財の強いニーズがあることが判明しました。


■知的財産アナリストとは
 知的財産アナリストとは、企業経営・ファイナンス・知的財産に関する専門知識を有し、国内外の他社・自社の各種知的財産関連情報の収集・分析・評価・加工、知的財産あるいは企業の価値評価等を通じて、企業の戦略的経営に資する情報を提供できる特殊スキルを持つ職種のことをいいます。欧米では、“Intellectual Property Analyst”と表記され、例えばヒューレット・パッカードは実際にこの職種名で求人も行っています。

 このような専門人財が仮に「企業」の中にいれば、「経営」と「知的財産」の間、言い換えればジェネラリストの「経営陣」とスペシャリスト集団の「知的財産部門」のギャップを埋めるインターフェースとなり、「経営」と「知的財産」の連動を促進する重要な役割を担います。

@Press

トピックスRSS

ランキング