App Store教育ランキング1位の「ひらがな」に続く「こども ゆびドリル」シリーズ第3弾&第4弾「ABC」と「かず」がリリース!

@Press / 2012年4月17日 11時30分

「ABC:ゆびドリル」「かず:ゆびドリル」タイトル画面
電子書籍専門出版社のNEXTBOOK株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長(CEO):長田 賢一郎)は、幼児教材アプリ「こども ゆびドリル」シリーズ(iPad向け)から、「ABC」「かず」を新たにリリースいたしました。これらのアプリは、いずれも幼児が遊びながら楽しくアルファベットやかずの概念を学ぶことができる教材アプリです。

「ABC:こども ゆびドリル」: http://itunes.apple.com/jp/app/id512838913?mt=8
「かず:こども ゆびドリル」: http://itunes.apple.com/jp/app/id514521388?mt=8


この「こども ゆびドリル」シリーズは、「ひらがな」「カタカナ」が既にリリースされており、「ひらがな」は、App Storeのトップ教育有料iPad Appランキングにおいて1位を獲得し(2012年3月付け)、さらに「ひらがな」「カタカナ」「ABC」「かず」の4タイトルすべてがApp Storeランキング(ジャンル:教育有料)でトップ10入りを果たした人気シリーズです。
また、小学生向けタイトルを含んだ「ゆびドリル」シリーズ全体では、累計10万ダウンロードを達成しております。

シリーズは今後、iPhone版、無料版のリリースを始め、機能の拡充、及びタイトル数を増やし、年内にシリーズ累計100万ダウンロードを目指します。


◆「こども ゆびドリル」シリーズの特徴について
~正しく書けたかをその場でチェック~
手書き文字認識エンジン(注1)を搭載しているため、実際に文字を書いて学習することが可能で、正しく書けたかをその場でチェックすることができます。

(注1)本ソフトウエアは、パナソニックの手書き文字認識エンジン“楽ひら(R)”を利用しています。“楽ひら(R)”は、パナソニック株式会社の登録商標です。


◆「ABC:ゆびドリル」について
~音と絵で覚えて、ゆびで書く~
「ABC:こども ゆびドリル」は、3から5歳のお子さんが初めてアルファベットに触れるきっかけを作るとともに、ネイティブの発音を耳にしながら、アルファベットを読み書きするところまでサポート。
iPadの特性を活かし、かわいい絵や音のでるアルファベットキーボードで、アルファベットをより楽しく遊びながら覚えることができます。

○楽しく遊びながら覚えられる工夫
<アルファベット>
1語1語にその文字から始まる単語の可愛いイラストを施しました。そのイラストに触れると、文字が読み上げられます。触れると音がでることで、視覚だけではなく聴覚にも訴え、学習意欲を持続させます。

@Press

トピックスRSS

ランキング