1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ソフトブレーンとprimeNumberがパートナーシップを締結 eセールスマネージャーの外部システム連携をデータ統合自動化サービス「trocco(R)」がサポート

@Press / 2021年7月20日 11時0分

SOFTBRAIN
営業課題解決サービスにより顧客の生産性最大化を実現するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田 浩文、以下 ソフトブレーン)と株式会社primeNumber(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:田邊 雄樹、以下 primeNumber)は、パートナーシップを締結しましたので、お知らせいたします。

ソフトブレーンが提供するCRM/SFA(顧客管理/営業支援)ツール「eセールスマネージャー(以下 eSM)」とMA(マーケティングオートメーション)ツールやBI(可視化)ツールなどの外部システムを、primeNumberが提供するデータ統合自動化サービス「trocco(R)」を通じて連携させることで、eSMユーザーの利便性向上や、より一層のデータ活用を支援します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/268020/LL_img_268020_1.png
SOFTBRAIN

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/268020/LL_img_268020_2.png
primeNumber

■パートナーシップ締結の背景
「eSM」はCRM/SFAツールです。顧客情報を一元管理し営業活動を見える化、課題の発見を助けることでユーザーの生産性向上に繋げますが、「eSM」を中心として他ツールやシステムと連携を行うとなると多くの時間やコストを擁していました。
「trocco(R)」は「eSM」と外部サービスを連携できる、クラウド型データ統合自動化サービスです。「trocco(R)」を通じてeSMユーザーに大きな価値を提供できると考え、今回パートナーシップの締結に至りました。本パートナーシップを活用し、「trocco(R)」を通じてeSMとMAツールやBIツールのデータを連携することで、事業分析の精度や運用・営業効率を向上できます。


■「eSM」と「trocco(R)」による外部システムとの連携例
<MAツールとの連携>
Adobe Marketo EngageのようなMAツールと連携することで、リード(面会に至っていない見込み客)を管理することができ、見込み顧客の早期発見・機会損失軽減をオートメーション化することが可能となります。

<BIツールとの連携>
「eSM」上の情報を、BIツールに入力することで、売上管理や予実管理、計画管理や営業の可視化を行うことが可能になり経営戦略や営業戦略に活用することが可能になります。情報が集約されることで集計業務の効率も改善されます。

<基幹システムとの連携>
売上実績や顧客マスタと連携することで、営業に必要な情報を「eSM」で一元管理することが可能となります。CRMとして活用する上で重要な顧客ごとの売上実績把握、攻めるべき先の把握、実績と活動の因果関係など様々な確度で情報を活用することが可能になります。


■データ統合自動化サービス「trocco(R)」とは
顧客が活用したいデータは、大容量で形式も様々、かつ複数の場所に散らばっています。そのままの状態ではデータをビジネスに活用することは難しく、DWHと呼ばれる保管庫にデータを統合したり、帳票やBIツールと連携してグラフ等の見やすい形に変えたりする必要があります。
従来は、このプロセスをエンジニアが手作業で行っていましたが、trocco(R)はサービス上で自動化することができます。エンジニアの作業工数を削減することで、エンジニアがより戦略的な業務に集中することを支援します。
URL: https://bit.ly/troccolpprsoftbrain20210708


<本パートナーシップへのコメント 株式会社primeNumber 代表取締役CEO 田邊 雄樹様>
我々primeNumberは、ソフトブレーン様とのパートナーシップを通じて、企業のデータ活用に関わる問題を解決できることを非常に喜ばしく感じております。
あらゆるデータ量が爆発的に増えている現代、データ活用は競合他社に対して優位性を保つための前提条件になっています。このような状況下で、「eSM」と外部サービスのデータを「trocco(R)」で連携し、事業分析の精度や運用・営業効率を改善することは大きな意味をもつと考えております。
今後もprimeNumberは、ソフトブレーン様とのパートナーシップを通じ、企業のデータ活用を推進し、価値を提供してまいります。

株式会社primeNumber 代表取締役CEO 田邊 雄樹


■国産No.1(*1)&定着率95%(*2)のCRM/SFA 「eセールスマネージャー」について
URL: https://www.e-sales.jp

業種、業界、規模を問わず、各企業に合った営業プロセスが設計可能で、プロセス毎に計測、改善を繰り返しながらマネジメントを行う「プロセスマネジメント」で利益につながる仕組みを作ります。
導入前後のコンサルティングサービスも充実しており、5,000社を超える導入実績に基づくノウハウの提供や教育、システムの定着活用までのサポートなどお客さまのニーズにあったサービスを提供し、定着率は95%(*2)を誇ります。

ソフトブレーンでは、高機能なCRM/SFA「eセールスマネージャー」を中核に、多くの導入実績から得られた営業プロセスマネジメントの実践的なノウハウを組み合わせた営業課題解決ソリューションを活用して、労働時間の削減と売上の向上を両立させ、労働生産性の最大化に貢献できる取り組みを続けてまいります。

*1 IDC「国内CRMアプリケーション市場シェア_2017年」より自社で推計
*2 2018年顧客支援チーム実績より

※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。
※掲載されている情報は発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


■株式会社primeNumber 概要
我々は、「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える。」データテクノロジーカンパニーです。データが爆発的に増えていく時代に、誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活用までのプロセスを最適化。高度なテクノロジーと独自のアイデアで、世界中のビジネスを支援します。

会社名 : 株式会社primeNumber(英文名:primeNumber Inc.)
所在地 : 東京都目黒区下目黒2-20-28 東信目黒ビル7F
代表者 : 代表取締役CEO 田邊 雄樹
設立 : 2015年11月
事業内容: 汎用型データエンジニアリングPaaS「systemN(TM)」の開発・運営
データ統合自動化サービス「trocco(R)」の開発・運営
データ活用伴走支援型ソリューション
URL : https://primenumber.co.jp/


■ソフトブレーン会社概要
会社名 : ソフトブレーン株式会社
所在地 : 東京都中央区日本橋1-13-1 日鉄日本橋ビル9F
代表者 : 代表取締役社長 豊田 浩文
設立 : 1992年6月17日
事業内容: 営業イノベーション事業
URL : https://www.softbrain.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

primeNumber

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング