64インチ大判インクジェットプリンター 新生VersaArtシリーズ誕生

@Press / 2012年4月23日 11時30分

VersaArt RE-640
ローランド ディー.ジー.株式会社(本社:静岡県浜松市/取締役社長:冨岡 昌弘、以下 当社)は、『VersaArt (バーサアート)シリーズ』を一新し、64インチ大判インクジェットプリンターの低溶剤インク対応モデル「RE-640」と、水性インク対応モデル「RA-640」の2機種を発表、発売します。


経済発展の著しい新興国では、サイン・ディスプレイの需要が伸び続ける一方、印刷品質を重視するクライアントが多くなってきており、導入コストを抑えながらも高画質と生産性に優れた製品が求められています。また、先進国のサイン・ディスプレイ市場においては、不安定な経済状況を背景として、投資を抑えながらコストパフォーマンスに優れたインクジェットプリンターへのニーズが高まっています。

こうした市場背景のもと、VersaArtは2008年の初代モデルから初めてのモデルチェンジを遂げました。画質と生産性を高めつつ、本体価格を抑えた低溶剤インク対応モデル「RE-640」を全世界に向けてリリースするとともに、水性インクが主流の中国や韓国市場に向けて「RA-640」を投入します。これら初期投資を抑えたいユーザーやエントリー層のニーズを満たす導入しやすい低価格モデルの発売により、競争力のあるプリントビジネスをバックアップします。


64インチ幅メディアに対応した「VersaArt RE-640/RA-640」は、躍動感のある色再現と精細な画質を実現する最新型のプリントヘッドを搭載。ディテールの表現力を格段にアップさせ、屋内外のサインやポスターに求められるメリハリのある色調と、粒状感のないワンランク上の写真画質を実現しました。さらに、高速出力モードでも色ムラを抑え、美しさを追求しながらも高い生産性を実現。新生VersaArtでは、従来機種の標準出力モード相当の画質を高速モードで可能にしました。印刷スピードは「RA-640」で33m2/h、「RE-640」で23.1m2/hを発揮。クライアントの要望に応える品質をスピーディーに、そして確実にこなす、サイン・ディスプレイ用途における定番の一台です。

当社は「VersaArt RE-640/RA-640」を投入することで新規・買い替え需要を喚起し、サイン・ディスプレイ市場におけるさらなる市場拡大を目指します。


≪VersaArt「RE-640」「RA-640」の製品特長≫
■画質を大幅にアップした、新型プリントヘッドを搭載
印刷モードに合わせて7段階のドットサイズから最適なインク粒を吐出する新型のプリントヘッドを搭載し、ディテールの再現性が格段に向上しました。低溶剤インクジェットの「RE-640」では、屋外サインで重視される鮮やかでメリハリのある発色を実現しています。また、水性インクジェットの「RA-640」では、屋内の大判ポスターや電飾看板、ファインアートに求められる高精細さを実現し、立体的で躍動感ある色表現を可能にしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング