分譲マンションにおける管理会社変更(リプレイス)の新サービス、『プレミア・リプレイス・マーケット』の提供開始

@Press / 2012年5月17日 17時0分

 分譲マンションの管理組合向けコンサルティングを行なう株式会社ソーシャルジャジメントシステム(所在地:東京都中央区、代表取締役:廣田 晃崇、以下 SJS)では、管理費削減などの目的で広がりつつある管理会社の変更(リプレイス)について、優良な候補先紹介やネットオークションを利用した比較検討、さらに変更後の業務品質確保などをパッケージ化した新サービス『プレミア・リプレイス・マーケット』の提供を5月17日より開始いたします。

URL: http://www.sjsmdn.co.jp/prm/index.html


1.『プレミア・リプレイス・マーケット』の概要
 分譲マンションでは通常、管理員の雇用、日常の清掃、設備機器の点検・メンテナンス、出納・会計など管理業務の大半を管理会社に委託し、「管理委託費」を支払っています。
 「管理委託費」は、分譲時に売主(不動産会社)の子会社等(管理会社)が設定しますが、割高な項目や不要な項目が含まれることが少なくありません。管理委託費の適正化は、早く行えば行うほど所有者にとってメリットがあります。

 しかし、管理組合が管理会社と交渉するだけでは、ゼロベースでの適正化がなかなかできません。そこで注目されるのが、管理会社の変更=「リプレイス」です。
 ただ、これまでのリプレイスでは、数多く見積もりを集めたものの“本気”の金額を提示してもらえなかったり、見積もりの条件が曖昧で単純に比較できなかったり、あるいは金額優先で業務のレベルが低下したりと問題も少なくありません。また、管理組合としてコンサルティング会社に年間削減額と同額といった成功報酬を支払うことも必要です。

 SJSが提供する『プレミア・リプレイス・マーケット』は、こうした従来のリプレイスの課題を解消し、管理組合にとって管理委託費の適正化に大きな効果が期待できる画期的なサービスです。


2.『プレミア・リプレイス・マーケット』の特徴
 『プレミア・リプレイス・マーケット』は、SJSが分譲マンションの管理組合向けに提供する、管理会社のリプレイス専用の新しいサービスです。

 信用、実績、人材などに優れた一流の管理会社の中から、コスト対応力と業務遂行力を基準にリプレイス先を選ぶことができ、しかも従来のような成功報酬の負担がありません。また、リプレイス後の管理業務をチェックする仕組みがセットになっていることで、管理委託費の適正化と管理業務の品質確保が両立できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング