1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

パシフィコ・エナジー 兵庫県三田市で発電容量約121メガワットの大型太陽光発電所の建設を開始

@Press / 2021年8月2日 15時0分

三田太陽光発電所完成イメージ図
パシフィコ・エナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松尾 大樹、以下 パシフィコ・エナジー)は、2021年8月より兵庫県三田市において、発電容量約121メガワット(直流ベース)の太陽光発電所(以下 本発電所)の建設を開始します。

本発電所は、建設工事請負業者として太陽光発電所建設に豊富な経験を持つjuwi自然電力株式会社を起用し、主にゴルフ場跡地を利用して建設されます。商業運転開始は2023年末を予定しております。完工後には、年間約143百万キロワット時の発電量を想定しており、約18年間の売電期間中に約115万トンの二酸化炭素排出削減に貢献します。

なお、本発電所の事業化にあたっては、べーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)が法律顧問を務め、株式会社三菱UFJ銀行、三菱HCキャピタル株式会社他から融資を受けております。

パシフィコ・エナジーは、本発電所を含め、これまで日本全国各地で計15件、合計容量約1,293メガワット(直流ベース)の建設を行っており、うち11件、合計容量約930メガワット(直流ベース)の発電所が完工を迎え、商業運転を開始しています。パシフィコ・エナジーは、発電事業の開発業務に加え、建設管理およびアセット・マネジメント業務の提供を通じて培ったノウハウを活かし、低炭素社会の実現に向けた再生可能エネルギー発電所の開発、建設および運営を推進してまいります。また、長期安定電源として地域社会・環境とのより一層の共存を図りながら、我が国の再生可能エネルギーの普及に向け、事業を遂行してまいる所存です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/269787/LL_img_269787_1.jpg
三田太陽光発電所完成イメージ図

【会社概要】
会社名 : パシフィコ・エナジー株式会社
所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー37階
創立 : 2012年9月24日
代表者 : 松尾 大樹
資本金 : 1億円
事業内容: 太陽光発電所及び洋上風力発電所の開発、建設管理及び運営
URL : https://www.pacificoenergy.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング