日韓ヘルシィエイジング学会が連携するため、韓国ソウルにリエゾンオフィスを設置 ~日本の健康食品・化粧品等の韓国進出のための助言指導を実施~

@Press / 2012年4月27日 11時0分

ヘルシィエイジング学会(会長:山田 明夫、事務局:東京都千代田区)と韓国ヘルシィエイジング学会(チョン・セヨン会長、事務局:ソウル市中区)は、2012年5月から学会法人会員を対象に日本の有用な健康食品、化粧品等について、韓国における以下の認証制度取得および販売促進に関わる助言指導等支援を日韓学会が連携して実施することになりました。

【支援内容】
・韓国では、売上に影響するといわれる個別型健康機能性制度における食品・化粧品の「健康機能性表示(ヘルスクレーム)」認可(監督官庁:韓国食品・医療品安全庁)の申請・取得に関する支援
・認可後の成分、製品について、健康機能性食品・化粧品等の日韓協賛会員間の紹介、製造および販売に関する支援


■支援開始の背景
韓国では、健康志向の高まりから健康食品の市場規模が急拡大しており、観光医療と同様に健康食品についても国家をあげて振興しています。優良な健康食品産業企業・製品を選別、明確化するため、品質の標準化、安全性、機能性について厳格な審査を課しています。個別型健康機能性食品認証制度では、エビデンスの審査の結果、認可された場合、4段階のヘルスクレームが認められています。例えば、レベル1.では「(疾病)発生リスクを減少させることができます」という表示が可能となり、弾力的な表示が認められます。さらに、機能性成分として認可されると、その成分に関して2年6ヶ月の独占販売権が与えられます。2010年には健康機能性認定食品は、1兆億ウォン(700億円)以上の売上を上げており、現在では、韓国健康食品市場全体の半数ちかくまでを占めるまでになり、安全性・機能性の面から韓国消費者の信頼を獲得しています。


これから、学会個人・法人会員が日韓学会間で交流・連携が深められるよう、ヘルシィエイジング学会会員および協力者からなる、韓国ソウル市内にリエゾンオフィスを開設・運営して、協賛会員の個別型健康機能性食品・化粧品の認可制度の申請サポート(専門家の助言指導の取次ぎ、申請準備・翻訳作業、不足している臨床データについて韓国研究機関への委託代行など)と販売促進サポート(韓国市場のマーケティング、韓国病院・クリニック・薬局および製造・販売企業の紹介、営業開発代行など)について実施することになりました。


詳細につきましては、『日韓ヘルシィエイジング学会交流記念特別講演会&日韓提携事業説明会』を5月13日(日)11:00~14:00にホテルマイステイズ御茶ノ水 OAK PLAZA(オークプラザ)において、日韓ヘルシィエイジング学会会長の出席のもとに発表されます。
http://www.healthyaging.jp/pg37.html


【問い合わせ先】
東京都 千代田区 外神田 1-1-5 昌平橋ビル3階
ヘルシィエイジング学会事務局
事業担当:事務局長代理 山内
講演会&事業説明会担当:平澤、大井
TEL  : 03-5207-3580
FAX  : 03-5207-3581
e-mail: ha@healthyaging.jp
URL  : http://www.healthyaging.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング