Zoho、Dropboxとの連携機能をリリース!

@Press / 2012年5月1日 10時0分

フォルダーの関連付け画面
ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は1日、クラウド型プロジェクト管理サービス「Zoho プロジェクト」とDropboxとの連携機能を提供開始することを発表しました。

Zoho プロジェクトは、ガントチャートやタスク管理、文書共有を容易にし、チーム内でのコラボレーションを促進するツールです。従来は、サービス内の「ドキュメント」タブにファイルをアップロードできるのみでしたが、この度のDropbox連携により、クラウドとローカルPCの間でファイル同期を簡単に行えるようにしました。

Zohoは、他のオンラインサービスとの連携を強化しており、これまでに、Google AppsやFacebook、Twitterなどとの連携機能をリリースしています。Dropboxとの連携は、今回がはじめてとなります。


◆機能の詳細
【プロジェクトのフォルダーとDropboxのフォルダーの関連付け】
Zoho プロジェクト内の任意のフォルダーと、Dropbox内の任意のフォルダーを同期できます。同期の関連付けはフォルダーごとに設定可能です。

【すぐに同期】
Dropboxの同期のページから、ワンクリックで同期の処理を開始できます。最新のファイルになっているかどうか不安な時、この操作を行うことですぐに同期が可能です。

【定期的に同期】
関連付けたZoho プロジェクト内のフォルダーとDropbox内のフォルダーを定期的に自動で同期するように設定することも可能です。頻繁に利用するフォルダーの場合、この設定をしておけば同期の手間を省けます。

【自動でタグ付け】
Dropbox連携で同期したファイルには自動で「Dropbox」というタグと同期した日時のタグが設定されます。タグから同期したファイルを簡単に探せます。


◆Zoho プロジェクト利用料金
●無料プラン(1プロジェクト)   無料
●エクスプレスプラン     28,800円/年(税別)
●プレミアムプラン      50,400円/年(税別)
●エンタープライズプラン  115,200円/年(税別)


◆Dropbox連携を利用できるプラン
●プレミアムプラン
●エンタープライズプラン


◆関連URL
Zoho プロジェクト サービスサイト: http://www.zoho.jp/projects/index.html
ゾーホージャパン株式会社サイト  : http://www.zoho.co.jp/
Zoho事業サイト          : http://www.zoho.jp/
Twitterアカウント        : http://twitter.com/#/@jpzoho
Facebookページ          : https://www.facebook.com/ZohoJapan

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

同期処理の画面

@Press

トピックスRSS

ランキング