5,000人が集まる関西最大級の屋内型アートフェスタ「京都アートフェスタ 2012春 “artDive♯06”」5月19日・20日開催!

@Press / 2012年5月8日 9時30分

アートダイブ実行委員会(代表:堤田 和久)は、若手アーティストによる作品展示・販売・パフォーマンス等を行う、京都初の大型屋内型アートイベント「京都アートフェスタ 2012春 “artDive♯06”」を、2012年5月19日(土)・20日(日)に京都市勧業館『みやこめっせ』にて開催いたします。2009年よりスタートした「京都アートフェスタ“artDive”」は、今回で第6回目の開催となります。

■artDive♯06 オフィシャルページ: http://www.artdive.net/


【京都アートフェスタ“artDive(アートダイブ)”について】
2009年から開催されている、京都初となる屋内型大型アートフェスタ。京都から日本のFRESH ARTを世界に向けて発信することをコンセプトに、様々なジャンルの新進気鋭の若手アーティスト達が各々のブースで作品の展示発表・販売・ワークショップを行い、訪れるアートファンが気軽に作品鑑賞・購入を楽しむことができる来場者参加型の催しとなっています。

アートダイブ実行委員会が創出するのは、プロのアーティストを志す人々が、日頃の創作活動の成果を発表できる機会、来場者が分け隔てなくアートに触れる事ができ、楽しめる機会、そして創る人と作品を鑑賞しに訪れた方達が出会い、交流できる機会です。


【artDive♯06について】
クリエイターによる素晴らしい作品・自由な表現を楽しむことができる京都発信・世界行きのアートフェスタ“artDive♯06”。2011年10月より全国から39歳までのアーティストを募集した結果、総勢320名もの若手アーティストの出展が決定しました。

本アートフェスタでは、絵画や写真、イラストレーションなどの平面作品からファッション・アクセサリー・雑貨まで幅広いジャンルの作品展示・販売が行われる220の出展ブース・ライブペイントブースが会場を埋め尽くし、2日間で5,000人を超える来場者が訪れます。

更に、来場者が作品作りを体験できる「ワークショップエリア」では、羊毛フェルトや焦がし絵アート、キャンドルアート、ペーパークラフトなどの老若男女を問わず気軽にアートを楽しめる8種類の講義を14回開催。
他にもワーゲンカフェによるドリンク・軽食などが提供され、アートを軸とした交流を楽しめる「コミュニケーショエリア」も設置されます。

また、artDive特別企画展として、全国各地から180人の作家が参加し約1,000種類のポストカードが一斉に展示・販売される『ARTs*LABoポスカ展 -aD♯06-』を開催。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング