オープンソース・ソフトウェアの検索エンジンApache Solrに新機能「もしかして検索機能」を追加した最新版リリース ~パートな湿布?いいえ、パートナーシップでした~

@Press / 2012年5月2日 11時30分

株式会社ロンウイット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関口 宏司)はオープンソース・ソフトウェアの検索エンジンApache Solr(アパッチ ソーラー)のサブスクリプションに、新機能「もしかして検索機能」を追加した最新版の提供を開始しました。


■追加機能について
最新版ではユーザーの誤った検索入力に対して「もしかして○○」と正しいキーワード候補を表示する「もしかして検索機能」(以下、「もしかして」)に対応しました。
「もしかして」で表示するキーワード候補にはもととなるデータソースが必要ですが、通常は検索に使用している本体のインデックスデータを用いれば適切に動作します。


以下はサブスクリプションに含まれるデモデータ(歴代の内閣総理大臣の所信表明演説のテキストデータ)をデータソースにしたときに、誤ったユーザー入力と「もしかして」で表示されるキーワード候補の対応を一覧表にしたものです。

■入力ミスの例:「もしかして」で出力される例
パートな湿布 :パートナーシップ
階段世代   :団塊世代
笑止高齢化  :少子高齢化
いんたーねっt:インターネット
しゃ皆保険  :社会保険
滑稽銀    :国会議員
滅入るマガジン:メールマガジン


■サブスクリプションのその他の機能
サブスクリプションでは従来より、IMEを介したローマ字日本語入力にリアルタイムに対応した検索語サジェスチョン機能や、パーソナライズ検索、および「慶應大学」<=>「慶応大学」の新旧漢字相互検索や「いすゞ自動車」<=>「いすず自動車」などの踊り字対応検索など、日本語に独特な表記揺れに強い検索機能も提供しています。


■参考記事
「もしかして」機能について詳しくは、以下の記事をご覧ください:
日本語「もしかして」検索について
http://www.rondhuit.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%80%8C%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%A6%E3%80%8D%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.html

サブスクリプションのその他の機能については、以下のJavadocをご覧ください:
Solrサブスクリプション・パッケージのJavadoc
http://www.rondhuit-demo.com/RCSS/api/overview-summary.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング