スマートフォンで手軽にインプレッション毎に収益化できる「AdStir lite(アドステア ライト)」提供開始

@Press / 2012年5月7日 9時30分

ngi group株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「ngi group」)は、RTB(Real Time Bidding)(※1)に特化したスマートフォン向けSSP(※2)サービス「AdStir lite(アドステア ライト)」の提供を、本日開始致しました。

ngi groupは2011年9月にスマートフォン媒体社向けの広告プラットフォーム「AdStir(アドステア) ( http://ad-stir.com/ )」をリリースし、2012年4月には、アドネットワーク最適化機能、アドサーバ機能、RTB機能など、全ての広告を一括管理できるプラットフォームへと成長を遂げ、現在提携メディア数は1,000を超えております。

この度、スマートフォン市場で大きな飛躍が期待されるRTB広告について、テスト的に導入したいという多くのメディア様からの要望を受け、「AdStir」のRTB広告を更にシンプルに使いやすくした「AdStir lite」を開発致しました。

アプリ及びWEBサービスを提供されている企業様には、手軽にRTB機能をお試しいただけ、既存の広告収益をさらに向上させるRTBの魅力を体験していただくことができます。

【「AdStir lite(アドステア ライト)」とは】

■RTB広告に特化した配信用のJavaScript(※3)、SDK(※4)
これまで「AdStir」はアドネットワーク最適化機能、アドサーバ機能、RTB機能全てを含有したSSPとしてサービス展開して参りましたが、「AdStir lite」はRTB機能に特化する事で、既に別のアドサーバやSSP(イールドオプティマイズ機能)をご利用いただいているメディア様にとって、ネットワーク広告を追加する感覚でRTB機能を容易に導入いただく事を可能にしました。

■既存の見込みCPM(※5)以上のRTB入札があった場合だけ、RTB広告を配信することが可能
既に特定のアドネットワーク、純広告で収益をあげられているメディア様は、「AdStir lite」を導入することで既存の見込みCPM以上のRTB入札があった場合だけ、RTB広告を利用することができます。従って、既存の収益性を確保しつつ、それ以上の収益が入る時だけRTB広告を配信することが可能となります。

■簡単な導入設定
登録、配信用のJavaScriptもしくはSDKの設定、フロアCPM(最低入札単価)設定を行うだけでRTB広告を始めることができます。配信設定については、RTB広告を配信することに特化した配信用のJavaScript、SDKを導入いただくだけで、既に導入しているアドサーバやSSP(イールドオプティマイズ機能)の邪魔をせずにRTB広告だけを利用する事が可能な為、スマートフォンRTB広告を非常に簡単に導入することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング