54,000円でiPhoneアプリを制作するサービス「54app(フィフティーフォーアップ)」を開始~徹底的な省コスト化で、アイデアの迅速な具現化をサポート~

@Press / 2012年5月10日 11時0分

フィフティーフォー・クリエイティブ(FIFTYFOUR CREATIVE INC.、本社:カナダ国ブリティッシュコロンビア州バーナビー市、代表取締役:米倉 豪志、以下 54クリエイティブ)は、2012年5月14日(月)に54,000円(税込)でiPhoneアプリを制作するサービス「54app(フィフティーフォーアップ)」を開始します。

※サービスの詳細は、「54app」公式ウェブサイト: http://54app.jp をご覧ください。

多言語多国籍文化のバンクーバーに本社を置くメリットを活かし、世界各国でのオフショア開発体制(現在54名体制)を確保することで、低価格でのアプリ制作を提供します。これにより、アイデアは豊富だが制作するスキルや費用を捻出できない個人や中小企業が、気軽にそのアイデアを具現化できるようになります。

2008年にAppleのApp Storeが開設されて以来、2012年の国内スマートフォンアプリ市場は前年度比170%増の139.9億円、さらに2016年までには441.7億円規模までの成長が予測されています(*1)。今後もスマートフォンアプリ開発のニーズが高まることが予想されることをふまえ、今回「ミニiPhoneアプリ」(*2)の制作に特化したサービス「54app」を立ち上げることとなりました。

現在、数多くのスマートフォンアプリ開発者が同市場にチャレンジをしています。しかし、環境の整備が進んでいるものの、エンジニア以外にとってアプリ開発の敷居はいまだ高いのが現状です。54,000円という低価格でのミニアプリ開発サービスを提供することにより、エンジニア以外の多彩な才能が新しいアプリの可能性を切り開くことを支援いたします。

*1:出典:矢野経済研究所( http://www.yanoict.com/yzreport/216
*2:機能を限定した、比較的規模の小さいアプリ


■「54app」サービス概要
1.54,000円でミニiPhoneアプリ開発
現状は、小規模のアプリ開発でも数十万円程度のコストが必要です。54クリエイティブの立地とリソースを活かし、世界各国のスマートフォン開発者と個別に契約をすることで、極限までコストを低下させました。

2.54,000円以内に収めるための企画書テンプレートを用意
アイデアを持つ方が、どの程度の規模のアプリを54,000円以内で開発可能できるのか判断することは困難です。そこで「54app」は、コスト削減のための指針の提示と、企画書のテンプレートを用意しました。肥大化しがちな仕様をスリム化し、洗練されたアプリ企画の具現化に近づくことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング