スポットライト、伊藤忠テクノロジーベンチャーズに第三者割当増資を実施~ 調達資金で『スマポ』がさらに事業拡大 ~

@Press / 2012年5月8日 11時30分

 スマートフォン上での共通来店ポイントサービス『スマポ』を運営する株式会社スポットライト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柴田 陽)は、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安達 俊久)を引受先とする、1.5億円の第三者割当増資を実施致しました。

 今回調達した資金をもとに、『スマポ』サービスの拡充、ユーザビリティの強化、開発スピードの向上、およびマーケティングを強化し、事業の早期拡大を目指してまいります。


■代表コメント
 『スマポ』は、これまでチラシやティッシュ配りに使われていた費用対効果の見えにくい集客コストを、より消費者にうれしい形で還元することで、お店に足を運んでいただく機会を増やし、お買い物が消費者とお店の双方にとってよりよいものになるためのプラットフォームです。
 このプラットフォームを、より多くのお店と、より多くの消費者に届けることが当社のミッションであり、今回の資金調達によって私たちのミッションが加速することができると考えています。


■スマポについて
 『スマポ』は、お店に行くだけでポイントが貯まる、お得なポイントサービスです。無料のアプリ『スマポ』をダウンロードすれば、誰でもすぐにポイントを貯めはじめることができます。現在iPhone版はApp Storeから、Android版はGoogle Playからダウンロードいただけます。
 『スマポ』のアプリに表示されているお店に行き、アプリを操作して「チェックイン」するだけで、好きな参加企業の商品券等に交換することができ、お得なポイントが貯まります。9月10日に2社5か所で始まった当サービスは、現在11社75か所に拡大しております。
 お出かけが好きなら迷わずダウンロード!お買いものがもっと楽しくなる、日本初の来店ポイントアプリをお試しください。


■「チェックイン」でポイントがもらえる理由
 『スマポ』は、加盟企業の店内で「チェックイン」するだけでポイントが獲得できます。ビックカメラやユナイテッドアローズといった参加企業と『スマポ』は提携しており、参加加盟企業がポイント費用を負担しています。店舗側には、チラシやCMなどの広告宣伝費の代わりにポイントを付与することで安価で確実に入店してもらえるメリットがあります。『スマポ』は店舗と提携した、正式なお得で便利なポイントサービスです。
 ポイントを還元するために、ポイントを集めたら参加企業の発行するカードポイントや商品券との交換を申請できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング