大蔵省OBと検証!ガン保険なき後の法人節税スキーム ~2012年5月30日(水) 午前9時30分から、東京新宿にて~

@Press / 2012年5月8日 10時30分

巷では様々な節税スキームが溢れていますが、当局が掌握した時点で崩壊する運命にあるものも少なくはありません。一般財団法人リーガルマーケティング研究財団(東京都新宿区、理事長:林田 學武、以下 リーガルマーケティング研究財団)は、元大蔵省審議官で現在弁護士・税理士であられる宝賀 寿男 先生を特別顧問に擁し、各種節税スキームについて当局はどのように見るかのアセスメントを行っていますが、このたびガン保険の損金算入が認められなくことに従い、それに代わる節税スキームの有用性・リスクを元大蔵省の眼から見てどう評価するかを検討するセミナーを2012年5月30日(水)に開催致します。

セミナー紹介ページ: https://sites.google.com/site/hayashidafoundation/20120530


■概要
逓増定期保険において解約返戻金受取人を役員にスイッチすることを無意味化する改正に続き、法人節税の定番であったガン保険の全額損金算入が認められなくなりました。今、逓増定期保険・ガン保険という2大節税保険商品が消え中小企業のオーナー経営者の方々は今後の節税プランをどうしたらよいかお悩みのことと思います。そこでこのセミナーでは、元大蔵省審議官の宝賀寿男弁護士・税理士を特別ゲスト招き、逓増定期・ガン保険に代わる節税スキームについてその有用性、リスクを検証することにします。


■セミナー内容
Part1.逓増定期保険・ガン保険はこう変わった
Part2.保険商品による節税スキームの有用性とリスク
    1.全額損金定期保険
    2.全額損金養老保険
    3.逓増定期保険運用の裏技
    4.その他
Part3.国内保険に代わる法人節税スキームの有用性とリスク
    1.海外スキーム
    2.欠損法人の活用
    3.M&Aの活用
    4.航空機リース
    5.その他


■開催要項
日時:
2012年5月30日(水) 9:30~12:00

場所:
新宿NSビル3階会議室3A ※TEL:03-3342-4920

主催:
リーガルマーケティング研究財団

講師:
・林田 學武:一般財団法人リーガルマーケティング研究財団理事長
       東京大学法学部大学院卒。大学教授・弁護士を経て現職。
・和田 聖明:和田会計事務所 税理士
       國學院大学文学部卒。民間法人 会計事務所勤務を経て平成11年に独立。
・外資系保険会社MDRT

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング