日本/ロシア/EUのAPT/標的型サイバー攻撃の現状と具体的な対策に関するセミナー、5月30日(水)に東京で開催

@Press / 2012年5月9日 9時30分

ロシアのウイルス対策ベンダDoctor Web, Ltd.の日本法人である株式会社Doctor Web Pacific(本社:川崎市川崎区、代表取締役:菅原 修、資本金:4,000万円、以下 Doctor Web)は、同社が事務局を務めるAPT/標的型サイバー攻撃の対策セミナーを5月30日(水)に東京で開催します。


【開催背景】
昨今、特定の企業・組織を標的とした標的型攻撃による被害が深刻化するなど、情報セキュリティに関する脅威が多様化・高度化すると同時に、攻撃対象が中小規模の組織にまで拡大しており、社会全体にとって重大な脅威となっています。
この現状への対策として、国内の情報セキュリティ対策支援の中心的存在であるIPA(独立行政法人情報処理推進機構)、株式会社ラック、BSIジャパンによる現状と課題の分析、対策・提言に加え、同様の脅威・課題を持つロシア/EUの現状と対策についても詳しくご説明します。
受講料は無料でどなたでもご参加いただけます。


【お申し込み方法/詳細説明ページ】
http://www.drweb.co.jp/seminar_info/20120530


【開催概要】
開催日:2012年5月30日(水) 14:00~17:00 (受付開始 13:45)
定員 :50名
費用 :無料
会場 :都市センターホテル(東京都千代田区平河町2-4-1) 7階会議室

◆プログラム内容
1.「サイバー攻撃の現状と対策:IPAの取り組み」(30分)
<講師>
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 セキュリティセンター 情報セキュリティ技術ラボラトリー
ラボラトリー長 小林 偉昭 氏

2.「ロシア/EUにおけるサイバー攻撃の現状とDoctor Webの取り組み」(30分)
<講師>
Doctor Web ,Ltd.
CEO Boris Sharov(ボリス シャロフ)氏

3.「標的型攻撃に於いて要になるマルウエア解析の課題と対策」(40分)
<講師>
株式会社ラック
セキュリティ事業本部 セキュリティ技術統括
常務理事 西本 逸郎 氏

4.「PCIDSSやISMSの仕組みを活用したATP/標的型サイバー攻撃からの予防」(30分)
<講師>
BSI グループジャパン株式会社
マネージャ 筒井 浩二朗 氏

5.「緊急時に有効なマルウエア対策について」(30分)
<講師>
株式会社Doctor Web pacific
ディレクタ 田崎 十悟 氏

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング