低コストで手軽に導入可能なARサービス「カクチョ」β版を提供開始 ~無償かつAR自動作成CMSによるサービス~

@Press / 2012年5月9日 14時30分

Paper AR Image
株式会社ディディアイディ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:齋藤 雄一、以下 ddid)は、一般ユーザーから企業ユースまで、もっと身近にAR(拡張現実)技術をご活用頂けるサービス「カクチョ」( http://carkcho.com/ )を、2012年5月20日からβ版として提供いたします。

【サービス提供の背景】
従来AR市場では開発や制作に多大な時間が必要とされていることや、導入費用面において高コストであるという現状があります。今回ddidでは、以前から参入してきたAR市場において、蓄積してきたノウハウをもとに、ARの利便性・多様性を強化し、安価で手軽にARの導入が可能となるサービス「カクチョ」を開発いたしました。


【「カクチョ」のサービス概要】
<特長>
「カクチョ」は4つの機能に分かれ、一般ユーザー向けと企業向けのプランをご用意しています。
サービスの利用登録は、カクチョ管理ページ(カクチョCMS)にログインし、あらかじめ用意した、マーカー画像とコンテンツ(動画、画像、3D)を登録します。登録完了後、QRコードが発行されますので、スマートフォンに対応した専用アプリ「カクチョブラウザ」にてそのQRコードを読取ると、配布コンテンツを楽しむことができます。また、「カクチョブラウザ」ではコメント投稿も可能で、投稿されたコメントを共有することが可能。また、カクチョエンジンを搭載したカクチョOEMも2012年夏リリース予定です。

1.ペーパーAR
カクチョブラウザにて、QRコードを読み取った後、事前に登録したマーカー画像にスマートフォンをかざすと、3Dキャラクタや画像、MP3形式の音楽データを再生できます。名刺やポストカード、施設の入場券や特別なクーポン券などさまざまな用途に応用することができます。

2.ムービーAR
カクチョブラウザにて、QRコードを読み取った後、事前に登録したマーカー画像にスマートフォンをかざすと、紙面の上から動画を再生することができます。名刺やポスターや雑誌紙面、折込チラシ、新聞など多様な印刷物に映像コンテンツを追加することができます。

3.エアータグ
カクチョブラウザにてQRコードを読み取った後、登録された位置情報までの距離と方向を知ることができます。位置情報の中には、メディアファイル(動画、写真、Webサイトリンク)を表示することができ、現在地を中心とした情報を閲覧することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング