地震・停電など防災対策に!センチュリー、2製品を発売! 「家庭用コンセントから充電可能な600W蓄電源」「8インチフルカラー液晶搭載の緊急地震速報発報端末」

@Press / 2012年5月10日 14時0分

停電の見張り番(正面)
PC周辺機器並びに携帯アクセサリーメーカーの株式会社センチュリー(本社:東京都台東区、代表取締役:加川 博久)は、家庭用コンセントから充電して非常時に使える600W蓄電源『停電の見張り番 BLACKOUT GUARD』(定価:104,790円(税込))と、8インチフルカラー液晶で緊急地震速報を表示する高度利用緊急地震速報発報端末『地震の見張り番 PLUS ONE』(価格:370,000円前後(税込) ※放送設備への工事代込)を、5月11日より発売いたします。


■『停電の見張り番 BLACKOUT GUARD』
定価  : 104,790円(税込)
参考URL: http://www.century.co.jp/products/zak/bousai/bg-600.html

本製品は、いつも利用している家庭用のコンセントから電気を蓄えて、いざという時に使える大型リチウム600W蓄電源です。本製品の主な特長としては、下記の7点があげられます。

【主な特長】
(1)600Wまでの家庭用電化製品などに対応した非常用の電源装置。
(2)極めて安全性に優れたリン酸鉄リチウム電池を内蔵。
  継ぎ足し充電をしても電池容量が減少しない。
(3)停電に備えて電源コンセントへ接続したまま(常時接続)で使用可能。
  その際には電池残量が95%以下になると自動で充電を再開。
(4)大型蓄電源では初となるPSE(電気用品安全法)取得製品。
(5)AC出力コンセントのみならず、小型モバイル機器等にも対応できるUSB出力ポート付き。
(6)非常時に便利なAM/FMラジオ、LEDライトを搭載。
(7)電池残量がひと目でわかる5段階のインジケーターを搭載。

また、家庭用電化製品の使用出来る目安の時間は次のとおりです。
・消費電力200Wの「500L冷蔵庫」が約20時間使用可能
 ※JIS C 9801-2006年 新測定方式を基に算出
・消費電力150Wの「32型液晶テレビ」が約4.5時間使用可能
・消費電力50Wの「ノートパソコン」が約13時間使用可能
・消費電力65Wの「扇風機」が約10時間使用可能
・消費電力75Wの「電気毛布」が約9時間使用可能
・「スマートフォン」が約90回フル充電可能

【仕様】
製品名    :停電の見張り番 BLACKOUT GUARD
型番     :BG-600
サイズ    :48.2(幅)×15.3(奥行)×29.25(高さ)cm
重量     :15kg
蓄電池容量  :768Wh(60Ah×12.8V)
二次電池種類 :リン酸鉄リチウム電池
インバータ容量:600W
定格入力電圧 :AC100V~240V 50/60Hz
定格出力電圧 :AC100Vサイン波/DC5V
充電可能回数 :約3,000回
        (※電池容量の残量や温度等の使用環境により異なります)
フル充電時間 :約30時間
放電率    :約3%/月
出力ポート  :AC100V-1チャンネル/USB DC5V-1チャンネル
※交流電源定格出力周波数は60Hzです。50Hz用の一部製品には使用できません

@Press

トピックスRSS

ランキング