無線LANやUSBの組み込み工数を1/10以下に短縮できるインテリジェントモジュール「MiddleLink(ミドルリンク)」販売開始

@Press / 2012年5月25日 10時0分

JTAGデバッガを中心に組み込み分野での開発環境を提供する株式会社コンピューテックス(本社:京都市東山区、代表取締役社長:山田 登、以下 コンピューテックス)は、無線LANやUSBホスト、SDカードなどのミドルウェアをハードウェアで置き換えることで、ソフトウェアの実装工数を従来の1/10以下に短縮できる「MiddleLink(ミドルリンク)」を独自で開発し、販売を開始しました。


■特長
●ミドルウェアの購入やドライバの開発が不要
●CPUに依存しないためソフトウェアの実装工数が従来の1/10以下に短縮可能
●一台から購入可能なため小ロット製品への採用に最適
●POSIX準拠の関数で呼び出せるため従来のソフトウェア資産を再利用可能
●ファイルシステムを内蔵しておりUSBメモリやSDカードにアクセス可能
●メモリ占有わずか3KBで無線LAN通信が可能
●200MBのNANDファイルシステムを標準搭載
●すぐに開発を開始できる「開発キット」とフル機能を評価できる「評価貸し出し」を用意


■概要
「MiddleLink」は専用コネクタを搭載したユーザボードにアドオンすることで、無線LAN、有線LAN、USBメモリ、SDカードなどの各種デバイスを、ミドルウェアなしで扱うことができるアドオンボードです。「MiddleLink」搭載の各機能を使用するためには、ユーザプログラムに標準的なPOSIX準拠の関数呼び出しを追加するだけです。高機能なRTOSやミドルウェア、各種デバイスドライバなどを搭載する必要がない画期的な製品です。
「MiddleLink」を搭載すれば、ユーザボード上に有線・無線LAN、USBホスト、SDカードなどのインターフェースは不要です。必要なのは「MiddleLink」と接続するための8ビットのメモリ拡張バスだけです。「MiddleLink」を使用するために用意されているSDKのソースファイルをユーザプログラムにリンクしてすぐにご使用いただけます。
コンピューテックスでは「MiddleLink」をアドオンして使用できる評価ボードと、無線LAN通信やファイルアクセスのサンプルプログラムが収納されているSDKをセットにした「MiddleLink開発キット」を用意していますので、ユーザボードに「MiddleLink」専用コネクタを搭載する前に、評価や開発を並行して行うことが可能です。また、ご購入前の評価用貸し出しセットも用意していますので大いにご活用ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング