“芝浦工業大学×東急ハンズ”コラボレーションイベント「構造学を学んで日本一の竹ひごタワーにチャレンジ!」結果発表

@Press / 2012年5月14日 16時30分

日本一の高さ賞
 学校法人 芝浦工業大学(東京都江東区豊洲3-7-5、理事長:五十嵐 久也)、株式会社 東急ハンズ(東京都渋谷区道玄坂1-10-7、代表取締役社長:榊 真二)は、4月28日(土)から30日(月・祝)の3日間、全国の東急ハンズ21店舗(銀座店、名古屋店、アネックス店除く)にて、芝浦工業大学の学問と東急ハンズのものづくり精神を融合させたイベント「構造学を学んで日本一の竹ひごタワーにチャレンジ!」を開催しました。5月12日にその審査結果が出ましたので、下記の通りお知らせいたします。

 本イベントは、芝浦工業大学 小澤 雄樹准教授(建築学科)の監修により、建築の構造学を学びながら、竹ひごと輪ゴム・粘土を使い、制限時間内にいかに高く美しいタワーをつくるかを競うコンテストです。当日は東急ハンズの21店舗で同時開催し、同じルールで競い合いました。

 賞は、「日本一の高さ賞」、「構造学デザイン賞」、「KIDS賞」、「KIDSデザイン賞」、「お店で一番高いで賞」となっております。


【審査結果】
●日本一の高さ賞:280cm (新宿店・チーム名:くんくん)
http://www.atpress.ne.jp/releases/27295/1_1.jpg
●構造学デザイン賞 (心斎橋店・チーム名:るね)
http://www.atpress.ne.jp/releases/27295/2_2.jpg
●KIDSデザイン賞 (横浜店・チーム名:ドラえもん)
http://www.atpress.ne.jp/releases/27295/3_3.jpg

※KIDS賞(10チーム)、お店で一番高いで賞(21チーム)は、Webサイトでご覧いただけます


【大会レポート】
 初めに小澤准教授解説によるヒント映像を見て建築構造学の基本を学び、20分の制限時間の中でタワーを制作。開催期間中は、GW前半ということもあって大勢のお客様でにぎわい、当日受付を行った982チームが参加して日本一を目指しタワーづくりを行いました。その中でも特に小学生以下の親子で参加されたチームが多く見られました。
 作られたタワーは、高いものでは2mを大幅に超え天井まで届くものもあり、また、オリジナリティあふれるユニークな形のタワーをつくるチームもありました。バランスを取るのが難しく、倒れそうになりながらも参加者の創意工夫で築かれていくタワーに、通りかかったお客様も足を止めてその様子を見学し、イベント会場は大きなにぎわいを見せました。
タワーづくりの様子: http://www.atpress.ne.jp/releases/27295/4_4.JPG

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング