カレコ・カーシェアリングクラブ 2012年度分 走行距離に応じた第1回植樹活動 および カーボン・オフセット完了について

@Press / 2012年5月16日 14時0分

自然体験
三井物産株式会社100%出資のカーシェアリング・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村山 貴宣、以下 CSJ)は、2012年2月に発表した「サービス車両の走行距離に応じた植樹活動およびカーボン・オフセットの取り組み」について、第1回の植樹活動とカーボン・オフセットが完了したことをご報告します。

カーシェアリングサービスは、従来、「環境にやさしい」「エコである」といった評価を受けてきました。CSJが運営する「カレコ・カーシェアリングクラブ」ではそれをさらに一歩押し進め、サービス車輌の年間走行距離に応じた植樹活動と、車両から排出される二酸化炭素(CO2)の一部のオフセットをオフセット・クレジット(以下 J-VER*1)を活用して行うことで、より積極的な環境への貢献を目指しております。

2012年5月12日(土)、カレコ・カーシェアリングクラブ全会員から公募で当選された11組22名の方と、カーシェアリング・ジャパン社員ほか総勢28名で、千葉県君津市の亀山山林にて第1回の植樹イベントを行いました。
当日は、コナラ265本の植樹とともに、山林内を散策する自然体験ツアーを実施し、植樹活動の意義と役割、森林が動物や人間に与える恩恵を改めて学びました。

また、この植樹活動に先立ってCSJでは、三井物産フォレストがJ-VER制度に基づき環境省から認証を取得している温室効果ガスのオフセット(=相殺しバランスさせる意味)用クレジットを購入、2011年4月~2012年3月の期間中にカーシェアリング車両から排出された二酸化炭素(CO2)の一部のオフセットを完了したことをご報告します。

CSJは、来年以降もカレコ・カーシェアリングクラブ会員の参加型の植樹活動と、カーボン・オフセットの取組みを継続していく予定です。

CSJはカーシェアリングを“豊かな暮らしを支える次世代の交通インフラ・サービス”と位置づけ、環境に配慮した街づくりが進む中でカーシェアリングの普及に努めています。
これまでに「地方公共団体や地域企業連合体と実施する環境にやさしい電気自動車カーシェアリング*2」「東日本大震災被災地における格安カーシェアリングによる復興支援*3」に取り組んでおります。
今回の植樹活動とカーボン・オフセットクレジットの購入も、そうした企業理念に基づいた取り組みの一環です。


【概要】
(1)第1回  カレコ・カーシェアリングクラブ植樹活動について
・実施日  2012年5月12日(土)
・場所   千葉県君津市 亀山山林(三井物産所有林)
・参加者  カレコ・カーシェアリングクラブ会員からの希望者の内、
      抽選で選ばれた11組22名
      カーシェアリング・ジャパン株式会社社員・関係者6名 合計28名
・植樹本数 265本(コナラ)
※残り約250本を13年3月末までに三重県北牟婁郡紀北町 三戸山林にて植樹します。

@Press

トピックスRSS

ランキング