指と眼と耳で楽しむ、科学雑誌『Newton』のiPad版を創刊

@Press / 2012年5月16日 9時30分

創刊号の表紙
株式会社ニュートンプレスおよび株式会社ニュートンは、科学雑誌『Newton』のiPad版となる、月刊のデジタルサイエンスマガジン『Newton International Edition』を2012年5月16日に創刊いたしました。
1号ごとの価格は500円ですが、創刊を記念して創刊号を「無料」でご提供いたします。年間定期購読(12号)は3,000円ですが、創刊記念キャンペーン期間中は2,500円です。創刊号と第2号が同時に刊行されます。App StoreのNewsstandで購読できます。


■ 世界でも類を見ない“動くデジタル科学マガジン”が登場しました
『Newton International Edition』は、紙の雑誌をただデジタル化して、iPadで読めるようにしただけのものではありません。iPadの性能をフルに活かし、「動画」や「音声ナレーション」、「指でさわって動かせる図」などのコンテンツをふんだんに取り入れた、iPad版独自の編集がなされています。まさに眼で見て、耳で聞いて、指でさわって楽しむことのできる、まったく新しいデジタル科学マガジンです。知りたいキーワードで検索し、望みのページにジャンプすることもできます。


■ 創刊号の特集は「DNA」
創刊号から2号にわたって、“神の設計図”ともいわれる『DNA』の驚くべきはたらきを特集します。「DNAの立体構造」を、指でぐるぐると回転させたり、拡大したりしながら、じっくりと観察できます。さらには、DNAに刻まれた情報が複製され、読み取られていく精巧なしくみが、動画やインタラクティブなアニメーション、音声ナレーションを通じて手に取るようにわかります。Apple社が販売する「Apple TV」などの機器を使えば、家庭や学校の教室などでiPadの画面を大型テレビに映し出すことも可能です。


■ 世紀の天文ショー「金環日食」も解説
創刊号では、5月21日に東京・名古屋など日本の広い地域で観測できる「金環日食」を詳しく解説しています。各地で当日に観測できる日食の時刻や見え方などを、指で触って動かせる図を駆使して予習できます。


■ 時事通信社から配信される最新科学ニュースが毎日読めます
『Newton International Edition』では、時事通信社から毎日配信される最新の科学・技術・医療ニュースをインターネット経由で読むことができます。『Newton International Edition』を購読していれば、世界の科学ニュースを見逃すことがありません。
このほかにも、宇宙・自然の美しい写真記事などの多数の記事が毎号掲載されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング