BYOD機能とAndroid管理を大幅に充実させたMDM(モバイルデバイス管理)の新バージョン『Absolute Manage 6.1』発表

@Press / 2012年5月18日 9時30分

カナダ、バンクーバー:2012年5月18日‐コンピューターの盗難・紛失時の回収やデータ保護、IT資産管理ソリューションを提供するAbsolute Software Corporation(以下:Absolute、本社:カナダ・バンクーバー、会長兼CEO:John Livingston、トロント証券取引所:ABT)は、BYOD(Bring Your Own Device)※に対応した機能の強化と、Androidデバイスの管理機能を充実させたMDMの新バージョン『Absolute Manage 6.1』を発表致しました。これにより、お客様は従業員個人のデバイスを業務利用させる場合の管理が容易になり、またAndroidデバイスがiOSデバイスと同等に管理できるようになります。日本国内では、Absoluteもしくは、同社代理店を通じて、本日よりご購入いただけます。
※BYOD: 従業員が個人で保有するデバイスを業務利用する利用形態


iOSデバイスやAndroidデバイスといったスマートデバイスは、多くの企業において業務利用されるようになってきました。企業が貸与・配布したデバイスのみならず、従業員が個人で保有しているデバイスを業務利用させるニーズも少なくありません。『Absolute Manage 6.1』は、個人所有のデバイスを業務利用させる際に必要な管理項目や運用手順を提供致します。また、Androidデバイスに対して、iOSデバイスと同様に構成や設定管理が可能になりました。従来よりさらに簡単に、Androidデバイスを管理することができます。
さらに、Windows Phoneに対する機能拡張も行われております。


■『Absolute Manage 6.1』の主な新機能
・BYOD対応強化
― デバイス種別の管理 (個人所有か会社所有か)
― BYODポリシーの合意
― ポリシーベース管理 (Jail Breakを検知した場合、警告メッセージを自動送信 等)

・Android管理機能強化
― 構成の設定および配布 (パスワードポリシー、ネットワーク構成、ハードウェア機能の無効化 等)
― アプリケーションの自動復活 (特定機種のみ)

・Windows Phone管理機能強化
― 構成の設定および配布 (パスワードポリシー、ネットワーク構成、ハードウェア機能の無効化 等)

・ポリシー機能強化
― アプリケーションの自動インストール、自動削除
― サードパーティアプリケーション対応
― ポリシーに合致した場合のアクション機能の充実 (メール送信、SMS送信、ローミング設定変更、デバイスロック、構成プロファイル削除、MDM管理下からの排除 等)

@Press

トピックスRSS

ランキング