東急リバブル鑑定課の不動産鑑定士による価格動向調査 第2回『東急沿線』定点観測データ(2011年10月~2012年3月)~住宅地・中古マンションともに、下落幅はわずかな範囲に留まる~

@Press / 2012年5月22日 16時0分

東急沿線価格マップ(住宅地33地点)
東急リバブル株式会社(代表取締役社長:中島 美博、本社:東京都渋谷区)は、東急沿線の住宅地及び中古マンションの価格動向を半期ごとにまとめた『東急沿線』定点観測データについて、第2回調査結果をお知らせいたします。


・・・『東急沿線』定点観測とは・・・
東急沿線で29店舗(※)を展開する東急リバブルによる、東急沿線に特化した住宅地・中古マンションの定点観測です。
沿線における標準的な住宅地33地点、中古マンション34地点を観測ポイントと定め、その周辺の同種同等の不動産取引成約事例を収集して、東急リバブル鑑定課の不動産鑑定士が適正な補正を行い、算出した標準的な価格の推移をまとめたものです。(平成22年10月~平成23年3月比を前年比、平成23年4月~平成23年9月比を前期比として算出)
※平成24年5月22日現在売買仲介店舗数(法人窓口を除く)


■調査結果の概要
【「東急沿線」定点観測(平成23年10月~平成24年3月)価格変動率】
・住宅地    :前期比△0.9% 前年比△2.2%
・中古マンション:前期比△0.7% 前年比△2.4%
◆住宅地・中古マンションともに前期比・前年比で下落するも、下落幅はわずかな範囲に留まる。


1.住宅地
(1)価格動向
住宅地価格は、平均で前期比△0.9%(前回△1.3%)、前年比△2.2%(前回+0.2%)という結果になりました。
震災による買い控え及び経済環境の悪化により土地取引が停滞し、地価は弱含みでしたが、今年に入り取引量は回復の動きを見せており、武蔵小杉駅では前期比上昇のポイントが存する等、下落幅はわずかな範囲に留まっています。

(2)地域別変動率
全域的に下落を示しているものの、駅前再開発等の影響から川崎市の下落率は比較的小さくなっています。

       地点数  前期比変動率  前年比変動率
東京都区部    20     △1.0%     △2.1%
横浜市       8     △1.1%     △2.4%
川崎市       3     △0.1%     △1.6%
その他       2     △1.3%     △2.9%
平均       33     △0.9%     △2.2%

(3)東急沿線価格マップ(住宅地33地点)
添付画像1: http://www.atpress.ne.jp/releases/27422/a_1.jpg

(4)観測ポイントの概要
住宅地33地点の観測ポイント
添付画像2: http://www.atpress.ne.jp/releases/27422/2_2.gif

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング