「Fan+(ファンプラス)」の「談志市場」で、「談志の高座@クラウド」本日刊行開始!創刊第1弾は、生涯で数回しか演じられていない希少品の『庖丁』!しかも談志最後の『庖丁』を初公開!

@Press / 2012年5月24日 14時0分

(C) 談志役場/亜紀書房
NTTプライム・スクウェア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:中山 俊樹)が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」で展開中の談志信者&落語立川流ファン向けショップ「談志市場」( http://fanplus.jp/_danshiichiba_/ )(運営者:株式会社亜紀書房、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:立川 勝得)は、2012年5月24日(木)、クラウドBOOK新シリーズ「談志の高座@クラウド」を刊行開始いたします。

本シリーズは、隔月第4木曜日発売となっており、立川談志の秘蔵の未公開高座映像に、落語研究家・草柳 俊一氏による詳細な解説をつけて公開していきます。

創刊第1弾(第1席)は、生涯で数回しか演じられていない希少品の『庖丁』、しかも談志最後の『庖丁』をお届けいたします。


【「談志の高座@クラウド」シリーズについて】
談志の高座映像は数多く残っています。伝統を現代に残すことにこだわった談志は、記録されることに協力的であったからです。そのため、公演会場ではしばしば撮影クルーの姿が見られました。2006年からは、事務所である談志役場が映像の記録を本格的にスタートさせました。そのなかには、事務所の記録でしか見ることができない貴重な高座映像も含まれます。

「談志の高座@クラウド」シリーズでは、こうして残された貴重な未公開高座映像を、時を追って順に発売していく予定です。通常のTV放送や落語DVDなどとは異なり、落語部分だけではなく、トークやまくら、演じたあとの後口上までを、高座ドキュメントとして編集することを基本としています。
落語の感動は一期一会、その場に居合わせた人だけが体感できる「空気」というものがあると談志は語っていました。本シリーズでは、その場に居合わせることができなかったファンの皆様に、少しでもその「空気」を感じていただくべく、原則としてノーカットで「談志の高座」をお届けしていきます。

・発売日:隔月第4木曜日
・価格 :1,575円(税込)
・配信 :談志市場( http://fanplus.jp/_danshiichiba_/ )


【「第1席 『庖丁』2006.4.15」について】
第1席は、2006年4月15日、前進座劇場(東京都武蔵野市)「立川談志一門会」で、談志が『庖丁(ほうちょう)』を演じた高座映像です。名人・6代目三遊亭円生が完成させた『庖丁』を、談志は生涯で数回しか演じていないといいます。その貴重な最後の『庖丁』の高座映像を初公開します。
談志が高座に上がるまでの場をつなぐ弟子たちのトークから、演じたあとの後口上まで、その場に居合わせなかったファンの方にも「談志の高座」そのままをお楽しみいただけます。『庖丁』がどのような演目で、談志は『庖丁』をどう試行錯誤して演じたのかなどについて、落語研究家・草柳 俊一氏による解説テキストつきとなっております。

@Press

トピックスRSS

ランキング