個人・チームの時間の使い方を集計・分析、働き方の課題を発見するためのサポートサイト「朝メール.com」提供開始!

@Press / 2012年5月25日 15時30分

朝メール登録画面
 株式会社ワーク・ライフバランス(所在地:東京港区、代表取締役社長:小室 淑恵)は、次世代の経営戦略として時間あたり生産性の追求や高付加価値商品・サービスの創造に向けた効果的な時間の使い方をサポートする「朝メール.com(ドットコム)」(企業向けサイト、以下「本サイト」)を2012年5月にオープンいたしました。
 本サイトは、WEB上で出社時に1日の業務予定を立て、終業時に1日を振り返り、時間の使い方や業務進捗等を「見える化」する企業向け業務分析サポートサイトです。


▼「朝メール.com」TOPページ(朝メール・夜メール記録機能)
http://www.atpress.ne.jp/releases/27570/1_1.jpg


【「朝メール.com」提供背景】
 厳しい競争社会の中で勝ち残るためには、心身ともに健康で常に創造性にあふれる状態を社員全員が保つことが大切です。高い付加価値を求められるほか、介護や育児等で時間的な制約を抱える社員が増加することが見込まれる中、限られた「時間」という資源をいかに有効活用するかが求められています。

 そのようななか、当社は創業当時よりのべ900社以上の企業に対して、限られた時間で高い成果を上げる「高生産性実現企業」への変革のための働き方の見直しを支援する「ワーク・ライフバランスコンサルティング」を提供してまいりました。そのうち高い成果を上げた企業の共通点は、「1日の時間の使い方を見直す」ことから始め、チームや部全体の時間の使い方を再考し、改善策を自分たちで考えていくきっかけを持ったことです。
 まず、朝出社をしたら1日の業務を重要度・所要時間を考えながら15分単位で組み、チーム・部等で共有します。終業時には朝立てた予定どおりに時間が使えたかをチェック、業務の実施・未実施、時間の延長や短縮等を記録、考えられるずれが生じた要因を明記し、チーム・部等で共有します。これらを当社では「朝メール・夜メール」と称し、コンサルティングのスタート時に必ず実施していただきます。
 数週間分の「朝メール・夜メール」から個人の働き方のくせや課題が浮き彫りになるほか、チームメンバー間で比較をすると、各メンバーの得意・不得意業務が見えたり組織全体の課題が可視化されたりします。可視化された特徴や課題をもとに、より効率的・高生産性な働き方を実現するための工夫を生み出していきます。

@Press

トピックスRSS

ランキング