「全国タクシー配車」が「モバイルプロジェクト・アワード2012」優秀賞を受賞!

@Press / 2012年5月29日 13時0分

アプリ画像
 日本交通株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:川鍋 一朗)は、2011年12月13日より日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行)との協業で全国のタクシーが簡単に呼べるアプリ「全国タクシー配車」を提供してまいりましたが、「モバイルプロジェクト・アワード2012」(主催:MCFモバイルプロジェクト・アワード審査委員会、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム)において、「モバイルプラットフォーム・ソリューション部門」の優秀賞を受賞しました。


 このたび、配車エリアを新たに函館市・高崎市・水戸市・土浦市・大和市・岐阜市・高知市・大村市に拡大。提携タクシー会社も9グループ加わり、全国28都道府県46グループとなり、利用可能なタクシーの台数は13,313台となります。

 また、本日より平和タクシーグループ(長崎市)でサービスを開始いたします。

 今後も順次、配車エリアを拡大してまいります。


【モバイルプロジェクト・アワード2012とは】
 モバイル関連企業212社で構成されるモバイル・コンテンツ・フォーラムとモバイル関連メディアが参加したMCFモバイルプロジェクト・アワード審査委員会の主催で、モバイル業界のさらなる発展へのモチベーションとなるよう優秀な個人とプロジェクトチームを表彰するために制定したアワードです。
なお、2012年5月30日(水)に「WIRELESS JAPAN 2012」会場(東京ビッグサイト)にて表彰式が行われる予定です。

モバイルプロジェクト・アワード2012審査結果発表
http://www.mcf.to/mpa/2012/winner/


【全国タクシー配車の概要】
 「全国タクシー配車」はスマートフォンならではの直感的な操作とGPS機能で、タクシーの注文をアプリのみで完結できる日本初のサービスです。
 このアプリで全国の提携タクシー会社のタクシーを今いる場所に簡単操作で呼ぶことができ、日時を指定して予約ができます。
 また、お近くにアプリで呼べるタクシー会社がない場合は、最寄りのタクシー会社の電話番号を表示するタクシー電話帳機能、地図上で乗車地・降車地を指定して概算料金を検索できる機能などがあります。

■アプリ実績(日本交通タクシー配車・全国タクシー配車)
・アプリ経由売上
3億円(2012年3月達成、iPhone版・Android版・Windows Phone版合計)
・ダウンロード数
400,000件(2012年4月達成、iPhone版・Android版・Windows Phone版合計)
・App Store順位
旅行カテゴリ 無料ランキング1位獲得

■アプリ画面イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/27611/image0_2_1.png

■アプリ概要
アプリ名  : 全国タクシー配車
バージョン : 1.4
価格    : 無料
提供日   : 提供済み

<iPhone版>
対応機種  : iPhone、iPod touchおよび iPad 互換iOS 4.0 以降が必要
カテゴリ  : 旅行
App Store  : http://itunes.apple.com/jp/app/id481647073?mt=8

<Android版>
対応機種  : Android端末(Android OS 2.2以降)
カテゴリ  : 交通
Google Play: https://market.android.com/details?id=jp.co.nikko_data.japantaxi

<Windows Phone版>
対応機種  : Windows Phone端末(Windows Phone 7.5以上)
カテゴリ  : 旅行&ガイド/旅行ツール
Marketplace : http://www.windowsphone.com/ja-JP/apps/a520a14e-f7a7-4983-a501-bf52058fbfe1

■「全国タクシー配車」アプリ情報について
ウェブサイト   : http://www.japantaxi.jp
Facebookページ  : http://www.facebook.com/japantaxi
Twitterアカウント: http://twitter.com/JapanTaxi


■日本交通株式会社について
 1928年に一台のハイヤーから創業した、都内最大手のハイヤー・タクシー会社。2001年、ビジネスクラス・タクシー“黒タク”を導入。Suica決済サービス(2007年)、GPS無線連動カーナビ、無線CTIシステム・IVRシステム(ともに2005年)、車内禁煙(2003年)、専用乗り場の設置(2001年開始、現在17箇所)など、常に業界を先駆けて時代に即したサービスを提供。2005年、東洋交通株式会社との業務提携を皮切りに、日本交通グループは現在19社、タクシー車両約3,200台、乗務員約7,000名で都内の公共交通を支えている。2011年1月にはスマートフォンからタクシーが呼べる、日本初の配車アプリを提供開始。「拾うではなく、選ばれるタクシー」をめざし、顧客満足を追求している。


*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング