ソムリエ 林 基就、ワイン界のオスカー賞「最優秀ソムリエ賞」受賞!イタリア国際ワインアワード『オスカー・デル・ヴィーノ2012』にて日本人初の快挙達成

@Press / 2012年5月30日 10時30分

林 基就:1(受賞)
 イタリアで最も長くミシュラン三つ星を維持するリストランテ・ダル・ペスカトーレ(イタリア北部マントヴァ)のシェフソムリエであり、株式会社Vino Hayashi(所在地:東京都中央区、代表取締役:林 功二)の取締役を務める林 基就(はやし もとつぐ)が、5月28日にローマで開催されたBIBENDA社(イタリアソムリエ協会ローマ支部)が主催する第14回国際ワインアワード『オスカー・デル・ヴィーノ2012』において、「最優秀ソムリエ賞」を受賞しました。

 今年14回目を迎えるBIBENDA社主催の国際ワインアワード『オスカー・デル・ヴィーノ』は、イタリアで最も権威あるワインアワードの一つで、赤ワイン、白ワイン、ソムリエ等の18部門からなり、厳正な審査を経て、各カテゴリーの最優秀賞(オスカー賞)が選出されます。
概要URL: http://www.bibenda.it/oscar.php (イタリア語)

 最優秀ソムリエ賞は、レストランで活躍する今年最も功績を残したソムリエに贈られるものです。今回の受賞は、日本人としてはもちろん、アジア人として初の受賞となり、イタリア現地で活躍するソムリエ、林 基就のサービス技術が高く評価されたものとなります。

 林 基就にとって今回の受賞は、エスプレッソ社刊行『イ・リストランティ・ディタリア2010』版「年間最優秀ソムリエ賞」に続く栄誉となります。


●BIBENDA(ビベンダ)社について
1998年にイタリアソムリエ協会の協力のもと、Franco M. Ricci氏が究極のワインと食についての機関紙を出版するために設立。DUEMILAVINI(イタリアのワインガイドブック)、I RISTORANTI DI BIBENDA(イタリアのレストランガイドブック)、L'OLIO(オリーブオイルのガイドブック)等を刊行している。

●「オスカー・デル・ヴィーノ(Oscar del Vino)」について
1999年にFranco M. Ricci氏によって考案された、現在イタリアで最も注目を集めるワインアワード。Franco M. Ricci氏はBIBENDA社の編集長であり、ワールドワイド・ソムリエ協会の会長を務める。

●林 基就プロフィール
・1975年生まれ。愛知県名古屋市出身。愛知工業大学卒業後、2000年に渡伊。
・2001年、名店「グアルティエロ・マルケージ」(エルブスコ)にソムリエ見習いとして採用後、セカンドソムリエに。
・2003年、マルケージのローマ店「オステリア・デル・オルソ」にセカンドソムリエとして勤務、2004年にソムリエとして「エノテカ&ワインアバー アルカディア」に勤務。
・2005年より、ミラノの「トラサルディ・アッラ・スカラ」にてチーフソムリエを務め、リニューアルオープン時に500種類のワインリストを作成し、話題となった。
・2007年より、マントヴァの「リストランテ・ダル・ペスカトーレ」にチーフソムリエとして在職中。
・2009年、イタリアの老舗大手出版社エスプレッソ社刊行の『イ・リストランテ・ディタリア2010』版で年間最優秀ソムリエ受賞。
・2010年、ワインの輸入・販売事業を行う株式会社Vino Hayashiを設立し取締役に就任。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング