『Trusted PC』提供開始のお知らせ ~ 社外持ち出し用PCにおける、セキュリティリスクの低減と利便性の両立 ~

@Press / 2012年5月31日 10時0分

 NECキャピタルソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 重穗、以下「当社」)は、NECグループの金融サービス会社としてICT(情報通信機器)資産に関わるBPO型クラウドサービスの強化を行っています。

 今般、当社は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、以下「NEC」)と協業し、社外持ち出し用PCにおけるセキュリティリスクの低減と社外作業における利便性の両立を目的とした『Trusted PC』(トラスティッドPC)の提供を開始いたしました。

 『Trusted PC』は、これまでのNECグループ社内において導入展開されている「標準PCサービス」(注1)にて培われたノウハウを基礎に、PCの盗難・紛失時における情報漏洩対策として、当社の「SecureDocマネージドサービス」(注2)並びに「トラストデリートマネージドサービス」(注3)を組み込み、社外持ち出し用PCにおける標準モデルとしてNECと協同でサービス運用を行います。
 今後、2013年度までに、同サービスは、NEC及びNECグループ各社の持ち出しPCニーズに対応し、約10,000台導入されていく予定です。

 また今後、当社は『Trusted PC』を一般企業の持ち出し用PCニーズに対応するサービスモデルとしてNECと協業して販売する予定です。


【主な提供サービス】
・「SecureDoc(TM)」と「トラストデリート(TM)」のソフトウェアインストール作業及びHDD暗号化作業、各種個別設定作業
・「SecureDoc(TM)」によるプリブート認証、HDD暗号化機能
・以下の各種サービスデスクサポート
 -プロファイル更新、パスワードリカバリー
 -インテル(R) アンチセフト・テクノロジーを利用したPCの無効化オペレーション
 -「トラストデリート(TM)」により特定のディスクやファイルの内容を消去


【日本電気株式会社様からのエンドースメント】
 「NECでは、営業やSEなど社外へのPCやデータの持ち出しが必要な社員に対しては、リスクの低減と社外作業における利便性を両立させる端末が必要と考えられていました。『Trusted PC』は、セキュリティレベルの高い環境での利用が実現でき、今後広く利用されていくことを期待しています。」
 日本電気株式会社 経営システム本部 シニアエキスパート 谷川 哲司様

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング