1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

次世代インターネット接続サービス「Super OCN Flexible Connect」に拠点からのローカルブレイクアウトが可能な新たな接続メニューを追加

@Press / 2021年9月27日 11時0分

サービスイメージ図
NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、「Smart Data Platform」(※1)の次世代インターネット接続サービス「Super OCN Flexible Connect」(以下 本サービス)において、拠点からのローカルブレイクアウトに対応した新たな接続メニュー「Super OCN Flexible Connect アクセスライン(※2)タイプ」(以下 本メニュー)を、2021年9月27日より提供開始します。
本サービスは、これまで拠点から閉域網(※3)を経由しインターネットへ抜けるゲートウェイ構成にて、オンデマンドで即時に帯域増減が可能なサービスとしてご利用いただいておりました。
このたび、拠点からインターネットへのローカルブレイクアウト構成に対応した本メニューのご提供により、ネットワーク品質を重視する重要拠点からの、閉域網を経由した社内システムへのアクセスと、オンライン会議やクラウドサービス利用などのインターネット通信の併用構成が可能となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/277004/img_277004_1.png

1.背景
新型コロナウィルス感染拡大の影響により、リモートワークをはじめニューノーマルな働き方が普及する中、オンライン会議やクラウドサービスなどインターネットを利用した業務機会が増えています。また、オフィスへの出社と在宅でのリモートワークを、時勢によって柔軟に選択したいというニーズも高まっています。
そのような中、本社や支社、工場など、従業員数が多い拠点においては、従業員の出社人数によってネットワークトラフィックの増減が大きく、品質・コストの最適化を実現するため柔軟な帯域変更が求められています。しかし、従来のネットワークサービスでは帯域変更に数週間の時間を要するという課題がありました。さらに、現在主流のゲートウェイ構成では、インターネットの利用トラフィック増が、社内システムへのアクセスにも影響を与えており、業務へ支障をきたすケースがあります。
本メニューでは、ネットワークの品質を重視する重要拠点において、閉域網を経由した社内システムへのアクセスと、インターネットへのアクセスを別帯域で利用することができます。また、インターネットについては帯域変更をオンデマンドで実施できるため、オンライン会議やクラウドサービスの利用量に応じた柔軟なネットワーク設計も可能です。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/277004/img_277004_2.png


2.特長
(1) オンデマンドでの即時帯域変更によりコストの最適化が可能
10Mbpsから100Gbpsの幅広い帯域で、ギャランティ型のインターネット接続サービスを提供します。オンデマンドでの帯域変更機能を備えており、ポータルサイトから即時の帯域拡張、またピーク時に拡張した帯域を戻すなど、ネットワークコストの最適化が可能です。

(2) ローカルブレイクアウト構成に対応
拠点からのローカルブレイクアウトによるインターネット利用が可能となり、ゲートウェイ構成で課題となっていた社内システムへのアクセス負荷を軽減できます。

3.提供開始日
2021年9月27日

4.利用料金
初期費用:無料
月額利用料:税込242,000円~
詳細は「本件に関するお問合せ先」へお問合せいただくか、下記Webサイトをご参照ください。
https://sdpf.ntt.com/services/ocnx/pricing/

5.今後の展開
サービス開始時点のエリアは関東、関西エリアのみですが、今年度中の全国展開をめざします。また、リモートワークや外出先からもセキュアに利用できる「Flexible Remote Access(※4)」や「SASEソリューション(※5)」などを合わせてご提供することで、お客さまのニューノーマルな働き方に貢献していきます。

NTT Comは、事業ビジョン「Re-connect X(TM)」にもとづき、生活者・ビジネス・社会を、安心・安全かつ柔軟に「新たな価値でつなぎなおす」ICTサービス・ソリューションを提供し、ニューノーマルの世界におけるサステナブルな未来の実現に貢献していきます。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/277004/img_277004_3.png
https://www.ntt.com/about-us/re-connectx.html

(※1): データ利活用に必要な収集・蓄積・管理分析におけるすべての機能を、ICTインフラも含めてワンストップで提供し、データ利活用によるDX実現を加速させるプラットフォームです。詳しくは下記Webサイトをご覧ください。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/277004/img_277004_4.jpg
https://www.ntt.com/business/sdpf/
(※2): 利用できるアクセスラインは、NTT Comが提供する「NTT Com光アクセス」、「NTT東日本・西日本ワイド」、「ハウジング」です。
(※3): NTT Comが提供するVPNサービス「Arcstar Universal One」および「Flexible InterConnect」をさします。
(※4): オンプレミスやパブリッククラウドに点在する社内業務システムやクラウドサービスなど、各種のICTサービスに、在宅環境などどこからでもセキュアに接続できるリモートアクセスサービスです。
(※5): テレワーク時代にフィットするゼロトラストの考え方を取り入れた、ネットワーク・セキュリティ・マネジメント一体型のソリューションです。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

お客さまの困りごと解決(例) Re-connectXロゴ Smart Data Platform ロゴ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング