1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

東急住宅リース、賃貸住宅の入居者向けにクックパッドの「クックパッドマート」サービス提供開始

@Press / 2021年9月28日 11時0分

クックパッドマートご利用イメージ
不動産の賃貸管理を行う東急住宅リース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三木 克志、以下「東急住宅リース」)は、クックパッド株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表執行役:岩田 林平、以下「クックパッド」)と業務委託契約を締結し、2021年9月22日より、自社が管理する一部の賃貸住宅にてクックパッドの生鮮食品宅配サービス「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を設置し、入居者向けに「クックパッドマート」のサービス提供を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/277020/LL_img_277020_1.jpg
クックパッドマートご利用イメージ

「クックパッドマート」は、利用者がスマートフォンアプリで商品(生鮮食品等)を注文し、最短で翌日昼(※1)、生鮮宅配ボックス(専用冷蔵庫)「マートステーション」にて送料無料で商品を受け取れる(※2)サービスです。
同サービスは非対面にて生鮮食品等が街の販売店や地域の生産者から届けられる仕組みで、送料が無料であることから必要な時に必要な分だけ購入でき、食品ロスの減少にもつながります。
このたび東急住宅リースでは、下記2棟の賃貸住宅の共用部(エントランスロビー等)に「マートステーション」を設置し、入居者向けに「クックパッドマート」のサービス提供を開始しました。(※3)

【2021年9月22日 サービス提供開始】
・グランハイツ高田馬場(東京都新宿区、205戸)
・サンハイム鶴見(神奈川県横浜市、145戸)

同サービスを賃貸住宅に導入することで、入居者の利便性向上に寄与する、より質の高い住環境の実現を目指します。今後も賃貸住宅オーナーへの導入提案を継続し、順次対象を拡大予定です。

東急住宅リースは、これからも他業種と連携しながら入居者およびオーナーにとって価値あるサービスを提供するとともに、2015年に国連サミットで採択された 2030年までの「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献します。

〈貢献するSDGs〉

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/277020/LL_img_277020_2.jpg
貢献するSDGs


(※1)注文の時間帯や商品によって異なります。
(※2)自宅まで配送することも可能です。(別途送料がかかります)
(※3)設置したマートステーションはそれぞれ、当該賃貸住宅の入居者のみが利用可能です。
(商品の受け取り時は、アプリから発行される注文者専用のQRコードで解錠します)


●東急住宅リース株式会社
設立 : 2015年4月
所在地 : 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス16階
代表者 : 代表取締役社長 三木 克志
事業内容 : 不動産の賃貸管理・運営、海外投資家向けサービス、
建物管理、リフォーム・リノベーション、
アセットコンサルティング
ウェブサイト: https://www.tokyu-housing-lease.co.jp/


●クックパッド株式会社
設立 : 1997年10月
所在地 : 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1
WeWorkオーシャンゲートみなとみらい7階/9階
代表者 : 代表執行役 岩田 林平
事業内容 : 毎日の料理を楽しみにする事業
ウェブサイト: https://info.cookpad.com/
〈クックパッドマート〉 https://cookpad-mart.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

貢献するSDGs

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング