1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

消毒現場人が語る「間違いだらけの新型コロナ」【感染体験記】をホームページ上に公開!

@Press / 2021年10月6日 10時0分

【実話】新型コロナウイルス消毒現場人のコロナ感染体験記
株式会社elphaの消毒現場で働く作業員が2021年8月26日に、感染経路不明(消毒現場以外)の新型コロナウイルスに感染した際の体験記をホームページ上に公開しました。
プレスリリースの発表にあたり、【自宅でできる!2次感染予防マニュアル】を無料進呈いたします。

<2次感染予防マニュアル進呈>
https://el-pha.jp/media/wp-content/uploads/2021/09/manual.pdf

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/277342/LL_img_277342_1.jpg
【実話】新型コロナウイルス消毒現場人のコロナ感染体験記

消毒作業員として働く杉浦 誠(仮名)氏は仕事を終えその帰路、激しい倦怠感に襲われました。新型コロナウイルスの感染を疑い、抗原検査を行うも結果は陰性。倦怠感が表れた初日を含め、2日目までは日に2、3度ほど複数種の抗原検査を行いましたが、いずれも陰性でした。
しかし、体調の異変から3日が経過し、いつも通り抗原検査を試みたところ遂に陽性の判定結果となりました。陽性判定が出てからは倦怠感だけにとどまらず、発熱や嗅覚味覚障害・記憶障害・無気力症などを様々な症状が表れました。

幸いにもオフィスや自宅の除菌消毒は知識や経験豊富な杉浦氏自身が行ったため、クラスターを未然に防ぐことができたことは唯一の救いです。新型コロナウイルスを患った体験者として、杉浦氏は「新型コロナウイルスの多くの感染現場では、感染者発生後の対応や感染予防対策が正しく行われていないためクラスターが起きることは必然で、今後も感染者は増加する」と危惧します。
一般家庭だけではなく、企業や団体などでも報道やインターネット上の情報を本質で理解しておらず、誤った感染予防対策を取り入れているケースが少なくないといいます。また、いざ自身や身内が感染となった際に冷静な判断を欠いてしまい、その結果、誤った除菌消毒方法で余計にウイルスを周りへ拡散させてしまっているのです。

新型コロナウイルスの消毒現場作業員として、自身の体験をもとに適切な感染予防対策を世間一般に普及させたいという思いから、体験記の公開に至った杉浦氏。文中では、家庭で必要な正しい消毒・除菌の方法や、社内での感染拡大リスクを軽減するための方法についても言及しています。


画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/277342/LL_img_277342_2.png
株式会社elpha

【株式会社elphaについて】
株式会社elphaは、2020年に新型コロナウイルスのまん延に伴う、ニューノーマルな生活の確立に向け設立。海外でも多くのエビデンスを有する殺菌浄化システム「MIOX」(※1)を用いたウイルス除菌サービスを提供しています。飲食店や企業オフィス、福祉施設など幅広く消毒活動に取り組み、2021年には三宅島と神津島へ除菌剤および専用機材を寄贈するなどの社会貢献活動も積極的に行っています。


画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/277342/LL_img_277342_3.jpg
消毒風景

【感染体験記 公開の背景】
今回、新型コロナウイルスの感染体験記を公開したのは同社の除菌作業員・杉浦 誠(仮名)氏。杉浦氏は、1年6ヵ月の間、毎日2~3ヵ所の消毒現場で作業を行なってきました。そんななか、クラスター発生現場の消毒作業により、新型コロナウイルスに感染。発熱や嗅覚味覚障害・記憶障害・無気力症候群といった症状を発症しました。

本来であれば、消毒作業員による新型コロナウイルス感染は伏せることはあっても公表することは、まずありません。感染予防対策の不備や消毒の効果を疑問視されてしまうからです。それでもなお、体験談という形で情報開示に至ったのには理由があります。

日頃から感染予防対策を徹底している消毒現場の作業員ですら感染してしまう新型コロナウイルスの感染力の高さの前では、一般の方はいつ感染してもおかしくありません。そして一たび感染すると症状以外にも様々な弊害を引き起こす大変危険なウイルス。その認識は十分に浸透しているにも関わらず、ほとんどの職場や家庭内では適切な感染対策ができていないと痛感したことが、情報開示のきっかけになったそうです。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/277342/LL_img_277342_4.jpg
消毒風景

<体験記を公開するに至った背景について、杉浦氏は次のように語っています。>
「私は現場で打ち合わせを行う立場でしたので、どうしても施工前に至近距離で担当者様と直接会話する立場にありました。こうした打ち合わせの場が、感染経路になった可能性は非常に高いと考えています。というのも、同日、私と一緒に消毒作業を行っていた別の作業員は一切感染していないのです。これは、弊社の消毒・除菌の効果と考えてもらって問題はないでしょう。新型コロナウイルスの感染を他者のせいにするつもりは毛頭ありません。ただ、新型コロナウイルスがまん延した現場で直後の事後処理が適正に行われていれば、私が感染することはなかったはずです。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/277342/LL_img_277342_5.jpg
消毒風景

また、私が感染したことで、私の家族が家庭内の消毒作業を行いましたが、残念ながらその作業は大変にずさんなものでした。数々の企業や官公省庁の消毒・除菌を行ってきて、日々の会話のなかでも消毒作業について話していた私の身内ですら、消毒・除菌については正しく理解ができていません。
これでは、日々私たちがどんなに消毒・除菌の作業を頑張って行っても、感染拡大のリスクは広がる一方です。そこで、正しい消毒・除菌対策について知見を広めていただきたいと考えたのが、今回の情報開示のきっかけです」

杉浦氏は、感染者が日々増加していく中で、不測の事態にも即座に対応できる環境づくりが不可欠だ、とも。今回の体験手記では、こうした環境づくりの具体案も示しています。


<【実話】新型コロナウイルス消毒現場人のコロナ感染体験記>
https://el-pha.jp/media/corona-taiken/

<自宅で出来る!2次感染予防マニュアル>
https://el-pha.jp/media/wp-content/uploads/2021/09/manual.pdf


※1 MIOXとは
MIOXとは「Mixed Oxidants(日本名:混合酸化剤)」の略称で、水と塩を混合して特殊な電気分解処理をすることで生成された、除菌力(オゾンや過酸化水素を含む)を持つ除菌溶剤のことを指します。ペンタゴン(アメリカ国防総省)の関連機関が特許を持っており、医療機器の除菌消臭や病院施設の衛生管理、水道水の浄化など多岐に渡って実績のある除菌溶剤となります。


【会社概要】
株式会社elpha
所在地 : 東京都港区麻布十番2丁目13-7 3F
代表取締役 : 小原 孝生
サイトURL : https://el-pha.jp/
お問い合わせ: https://el-pha.jp/contact.html


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

株式会社elpha 消毒風景 消毒風景

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング