群馬所縁の企業の協賛により実現 映画『からっぽ』による地域活性化の取り組み

@Press / 2012年6月6日 13時0分

メイン写真
 映画製作会社の合同会社ガフ(本社:東京都板橋区)は、劇場用長編映画『からっぽ』( http://karappo.me/ )を制作し、6月16日(土)より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開することとなりましたのでお知らせ致します。


■映画制作の新しい形
 映画『からっぽ』は、群馬県桐生市出身の監督が、同市を舞台にオール群馬ロケにて撮影、さらに群馬県出身のキャストが多く出演しており、まさにオール群馬で望む「地域発」の映画となります。現在の群馬県桐生市は、シャッター通りも多く、若者の地域離れや、産業・商業の縮小など、地方衰退の進む地域であり、その桐生市に対し、映画監督・草野翔吾の、“映画”を地域活性化のために役立てたいという想いから本企画は始まりました。
 桐生市出身企業である株式会社ホットランド(本社:宮城県石巻市、代表取締役:佐瀬 守男)を始め、株式会社コシダカ、桐生ガス株式会社の3社にご賛同頂き、会社の地域還元事業の一環として、協賛応援を頂くこととなりました。一般的な映画製作とは異なり、地域と映画が一体になって進む新しい形のプロジェクトとなります。


■企画の経緯
 本作の監督・草野翔吾は、1984年群馬県桐生市生まれの27歳(撮影当時)。県立桐生高校から早稲田大学に入学。在学中から映画制作に取り組み、NHK-BSの特番ドラマで監督を務めるほか、2009年には期待の学生監督として、大杉漣さんや麿赤兒さん出演の映画『Mogera Wogura(モゲラ・ウォグラ)』の監督を務めるなどの実績をあげてきました。
 大学卒業後も、映画監督の道を志し、映像制作や企画開発を続ける中で、帰省した際に活気を失いつつある桐生の町や商店街の寂しさを感じ、地元を舞台とした映画を作ることで活力を与えたいと思うようになりました。
 ふるさと群馬県桐生市は「西の西陣、東の桐生」と言われるほど、元来、織物(桐生織)など物作りで栄えた地域であり、改めて地元を顧みてみると、「学生時代に感じることのなかった織物などのものづくりの精神や作り手の魅力」といった新しい発見があったといいます。
 桐生の人々の物作りに対する姿勢や、郷土愛を知り、「地元を舞台にするだけでなく、地元の人たちと一緒に長編映画をつくりたい!どうせなら映画をつくる過程で街を盛り上げたい!」という構想が生まれ本企画はスタートしました。


■企業の地域貢献という、映画の新たな資金構造

@Press

トピックスRSS

ランキング