1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

サイバーステーションとアイ・オー・データ機器 「オフィス向け」デジタル・サイネージ「見せる化」ソリューション製品発表

@Press / 2012年6月12日 15時30分

デジサインCUBE導入イメージ
デジタルサイネージシステムメーカであるサイバーステーション株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:福永 泰男、以下 当社)と株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:細野 昭雄、以下 アイ・オー・データ)は2012年6月12日(火)に、「オフィス向け」デジタルサイネージ市場にむけ、共同で市場開発に取り組むとともに、同市場向け関連ソリューション製品を企画、販売を開始いたします。

2010年は960億円だった国内のデジタルサイネージ市場規模は、さらに年率150%の成長が見込まれ、2012年には約2,000億円の市場規模に拡大すると予測されています(株式会社シード・プランニング 調べ)。
当社は、2009年よりデジタルサイネージ事業を開始し、「デジサイン」は3年半で5,000台を超える導入実績を重ねてきました。
2011年より「屋外・広告」や、「店舗内・販売促進」を目的とした電子看板にとどまらず、オフィス内で従業員の情報共有を支援する「オフィス内デジタルサイネージ」のニーズが高まりつつあり、これを受けて数々の導入を支援してきました。
しかしながら、これまでのデジタルサイネージ製品は電子看板を意図したものであり、導入に向けては購入のしやすさ、導入の容易さ、コスト面など敷居が高く、導入の手軽さ、利用のし易さを考慮したものではありませんでした。

当社とアイ・オー・データは、これを新しい市場開発の機会ととらえ、当社のデジタルサイネージの導入ノウハウと、アイ・オー・データの多様なデバイスを組み合わせた製品、「デジサインCUBE(デジサインキューブ)」を開発し、販売を進めることにこのたび合意いたしました。

<デジサインCUBE導入イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/27787/1_1.jpg


「デジサインCUBE」は、デジサインの管理アプリケーションをアイ・オー・データの法人向けNASにプリ・インストールしたアプライアンス製品です。
この製品は、オフィス内に設置することを想定しており、デジタルサイネージ機能を提供するにとどまらず、STBやテレビ、さらにはデジタルTVチューナーなどのハードウェアデバイスを集中的に制御する中心的な機能を果たす装置になります。

また、当社は、グループウェア、SFA、CRMなどの企業情報システムとデジサインを連携させるアプライアンス製品「DataSpider for デジサイン(仮称)」も同時に出荷いたします。
「DataSpider for デジサイン」は、企業内のあらゆるデータソースへのアクセス、インターネットサービス、クラウドサービスなどとデジサインを連携し、企業内情報の「見せる化」を実現することで、オフィスワーカーの業務生産性向上を支援いたします。
本製品も同様にNASにプリ・インストールしたアプライアンス製品となります。


当社とアイ・オー・データはこれらの製品群をオフィス内デジタルサイネージの新たな活用とともに提案し、デジタルサイネージのさらなる発展に貢献してまいります。


■製品の概要
(1)デジサインCUBE(デジサインキューブ)
「デジサインCUBE」は、デジサイン・クラウドサービスをベースにアイ・オー・データの法人向けNASにプリ・インストールしたアプライアンス製品です。
デジサインの機能を標準搭載し、企業はこれをオフィス内ネットワークに接続するだけで簡単に利用することができるオールインワン設計になっています。
主にSMBでの利用を想定しており、接続端末数(*1)は25端末を上限としています。
この製品により、社内や店舗などのデジタルサイネージ導入をさらに手軽にし、導入時間とコスト削減を実現できます。

<デジサインCUBEに対応した端末およびサービス>
http://www.atpress.ne.jp/releases/27787/2_2.jpg


(*1)接続端末数:デジサインTVシリーズ、デジサインSTBシリーズ、デジサインTabシリーズで組み合わせる総端末数を指します。

出荷予定時期:2012年8月上旬
販売予定価格:未定


(2)DataSpider for デジサイン(仮称)
「DataSpider for デジサイン」は、デジサイン・クラウドまたは、デジサインCUBEと連携し、企業内情報システムやクラウドサービス、BLOGやSNS等のコミュニケーションデータから指定した情報を自動的に取り出し、デジサインに受け渡すことで、社内情報の可視化(見せる化)を実現するアプライアンス製品です。
この製品により、企業のガバナンスの効果を高め、従業員の生産性向上を実現することが可能となります。

接続可能システム(一部オプション)
 データベース  :ODBC,JDBC,Oracle,SQL Server,Access,DB2他
 ネットワーク  :Mail(POP3/IMAP4/SMTP),FTP,Web他
 ファイル    :CSV,Excel,XML,HTML他
 アプリケーション:SAP,Lotus Domino/Notes他
 クラウド    :Google Apps,Salesforce.com,Amazon Web Service 他

出荷予定時期:2012年8月上旬
販売予定価格:未定


【会社概要】
会社名    : サイバーステーション株式会社
本社所在地  : 石川県金沢市鞍月四丁目187番地
代表取締役社長: 福永 泰男
資本金    : 7,350万
事業内容   : デジタルサイネージシステム開発、システム開発業務
URL      : http://www.cyberstation.co.jp

会社名    : 株式会社アイ・オー・データ機器
本社所在地  : 石川県金沢市桜田町3-10
代表取締役社長: 細野 昭雄
資本金    : 35億8,807万円(JASDAQ上場、証券コード:6916)
事業内容   : パソコン、デジタル周辺機器の製造、販売
URL      : http://www.iodata.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

デジサインCUBEに対応した端末およびサービス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング