1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

『キレイキレイ』ブランドが教育現場の清潔衛生環境づくりも支援 兵庫県加古川市の市立小中学校・幼稚園等の清潔衛生環境づくりを支援

@Press / 2021年10月1日 11時0分

キレイキレイのリレーロゴ
ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、兵庫県加古川市(市長・岡田 康裕)と、「『キレイのリレー』プロジェクト」の連携と協力に関する協定を締結し、加古川市役所来庁者及び職員のために、『キレイキレイ』製品による施設内の清潔衛生環境作りのサポートを実施しています。この度、加古川市役所本庁舎に加え、加古川市内の市立の小学校・中学校・幼稚園・児童クラブ・保育園・こども園に、『キレイキレイ』製品や衛生授業教材、衛生情報などを提供します。子供たち、先生方、保護者の方をはじめとした加古川市民の皆さまの衛生行動の習慣化の取り組みを支援していくことになりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/278407/LL_img_278407_1.png
キレイキレイのリレーロゴ

<「『キレイのリレー』プロジェクト」とは>
『キレイキレイ』ブランドにて推進している、“大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとる”ことで、人との触れ合いにあふれた社会を目指すプロジェクトです。
加古川市においては、市と当社が相互に連携および協力し、双方の資源を有効に活用した協働による活動を推進することにより、加古川市における清潔衛生習慣の浸透・定着を図ることを目的とする協定を2021年6月30日(水)に締結しています。


<今回新たにサポートする教育現場>
加古川市内の市立の小学校(28校)、中学校(12校)、幼稚園(16園)、児童クラブ(79か所)、公立保育園・こども園(6園)、法人保育園・こども園(73園)


<主な提供内容>
・キレイキレイ製品(薬用泡ハンドソープ、薬用ハンドジェル、薬用手指の消毒スプレー)
・子供たちの年齢に応じた衛生習慣の向上を目指した啓発プログラム
・家庭内での衛生習慣の向上を目指した啓発プログラム

当社グループは、「次世代ヘルスケアのリーディングカンパニーへ」を経営ビジョンに掲げ、「よりよい習慣づくりで、人々の毎日に貢献する」を企業のパーパス(存在意義)として活動を行っています。当社提供価値領域の1つである「インフェクションコントロール」の取り組みの一環として、衛生を中心とした生活習慣づくりにより、今後も生活者の皆さまとともに、清潔に暮らせる社会の実現に向け、貢献してまいります。


<プロジェクトに関するお問合せ> 「『キレイのリレー』プロジェクト」広報事務局(株式会社オズマピーアール内)
TEL : 03-4531-0204
Mail: kirei-relay@ozma.co.jp

プロジェクトの最新情報は下記『キレイキレイ』ブランドサイトで発信します
https://kireikirei.lion.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング