テュフ ラインランド ジャパン 関西テクノロジーセンター 定置用リチウムイオン蓄電池補助金制度の認証機関として登録

@Press / 2012年6月12日 12時0分

テュフ ラインランド ジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:ミヒャエル・ユングニッチュ)はこのほど、今年3月に経済産業省 定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業の補助金制度における指定認証機関として登録され、4月に正式オープンした関西テクノロジーセンター(大阪市東成区、以下 KTAC)のバッテリー試験施設がフル稼動状況にあることを発表しました。
また、KTACは本日初めて一般公開され、正午より行われた開所記念式典には駐日ドイツ連邦共和国 フォルカー・シュタンツェル大使にもご出席いただきました。


【KTACについて】
KTACは、「バッテリー試験施設」と「太陽光発電(PV)試験施設」の2つの試験施設からなり、今後、スマートハウス向けに開発が進むバッテリーと太陽光発電(PV)を組み合わせた製品に対して、1拠点で評価・認証が可能な日本でもユニークな施設です。

KTACは、総床面積2,500平方メートルを超える試験施設で、リチウムイオン電池、電気二重層コンデンサなどの再生可能エネルギー貯蔵システムや、太陽光発電(PV)システムを対象とした各種試験に対応しています。再生可能エネルギーに関する技術は、現在急速に発展しており、安全性や機能の評価が非常に重要となります。
テュフ ラインランドはグローバル戦略として、太陽光や風力、燃料電池などの再生可能エネルギー技術や、電気自動車関連の評価・認証などの分野でサービスの拡充を進めています。その長年の経験と知識をもとに、日本でも再生可能エネルギー分野に力を入れ、より安全で高性能な製品の開発・進歩に貢献するために、KTACは設立されました。

2005年のテクノロジーセンター(神奈川県都筑区、GTAC)と2007年の太陽光発電評価センター(神奈川県横浜市、SEAC)に続く、テュフ ラインランドの国内3箇所目の大規模試験施設となるKTACは、政府による抜本的なエネルギー政策見直しにも対応しています。大阪では現在、環境に配慮したエコ事業の育成や推進を図る取り組みが活発ですが、KTACはこれらの取り組みにおいて重要な役割を担うことが期待されています。KTACは、国内外の安全規格に準じた標準的な試験に加え、R&Dやベンチマーキング分析、カスタマイズ試験など多様なサービスも提供いたします。


【バッテリー試験施設について】
バッテリー試験施設は、アジア初の大型評価施設です。高いレベルの安全機能を備え、異常条件や異常環境下で製品を評価することが可能です。定置用リチウムイオン蓄電池補助金制度の指定認証機関として登録されているため、リチウムイオン電池がKTACで評価・認証されれば、定置用蓄電池システムの補助金申請をする際に電池部分が要件を満たす証明となります。バッテリー試験施設は、6月現在フル稼働であり、今後さらに試験範囲や能力を拡大してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング