未来のテニスチャンピオンを発掘・サポートするプロジェクト「ロンジン フューチャー テニス エース 2012」 日本代表・荒川晴菜選手が準優勝!「ローラン・ギャロスのコート7」にてステファニー・グラフとドリームエキシビジョンマッチでも活躍!

@Press / 2012年6月12日 14時0分

Longines_FTA_LRG
「エレガンスと革新の融合」をテーマに時計作りを続け、本年度創業180周年を迎えるロンジン(スウォッチグループ ジャパン株式会社、本社:東京都中央区銀座)は、2012年6月7日(木)~9日(土)の3日間、フランスで開催される未来のローラン・ギャロス テニス チャンピオンを発掘するプロジェクト「ロンジン フューチャー テニス エース 2012」“夢のローラン・ギャロス”の大会結果を発表しました。

日本代表として出場していた、荒川晴菜(あらかわはるな、関東・吉田記念テニス研修センター所属)選手が決勝に進出し、世界のテニスプレイヤーが憧れる「ローラン・ギャロスのコート7」にて、レジェンド・プレイヤーであるステファニー・グラフとロンジン ライジングスターの一人サビーナ・スリキとの「ドリームエキシビジョンマッチ」への出場権を獲得し、日本代表として、誇らしいプレイを披露、そして夢のような時間を過ごしました。

http://www.longines.jp/


‘Elegance is an attitude’~エレガンス、それは私の意思~をブランドメッセージとするロンジン。

スポーツ計時における過去の様々な経験と、その技術に対する高い評価を維持しているロンジンは、長年に渡りテニスの4大国際大会である全仏オープン(The French Open)の公式パートナー兼公式計時を務めています。

本年度も全仏オープンと同時期に開催される「ロンジン フューチャー テニス エース 2012」は、6月7日(木)~9日(土)の3日間、世界16カ国(※1)のテニス連盟から選抜された16名の新進ジュニアの女子選手(※2)が集結し、未来への架け橋となるべく、スポーツ振興を目的に本年度も実施されました。

トーナメントを勝ち抜いた荒川晴菜選手、オーストラリア出身のデスティニー・アイアヴァの2選手は、6月9日(土)に開催された、「ドリーム エキシビジョンマッチ」への出場権を獲得し、ロンジンのブランド・アンバサダーでもあるステファニー・グラフ(※3)とロンジン ライジングスターの一人、セビーナ・スリキとのエキシビジョンマッチに参加し、貴重な時間を過ごし、アドバイスなど指導頂きました。

ファイナリストの2選手には、優勝カップ、そして、ロンジンよりテニスギア購入などの競技サポートを目的とし、16歳まで奨学金($2,000US)の授与、ロンジン180周年の最新コレクションで公式計時でもある「ロンジン サンティミエ」が贈呈されました。

@Press

トピックスRSS

ランキング