違反率60%超…無秩序に氾濫する違反屋外広告物から街の景観を守れ!講演会「都市環境と広告景観~サインの未来を一緒に考えよう!~」ストリートデザイン研究機構が、6月29日(金)に中野サンプラザにて開催

@Press / 2012年6月12日 14時30分

NPO法人ストリートデザイン研究機構(本部:東京都中野区、代表者:高橋 芳文)は「都市環境と広告景観~サインの未来を一緒に考えよう!~」と題した講演会を6月29日(金)午後6時半から、東京都中野区の中野サンプラザ(7階研修室)にて開催いたします。


本講演会では都市環境デザインの権威で同機構顧問の宮沢 功氏に講演いただき、企業、行政、市民など様々な立場の人を交えて「人が歩きたくなる」魅力的な街の広告景観について考え、都市環境における屋外広告物の違反設置問題に係る意識共有と改善のための啓蒙を図ってまいります。当日は全国から屋外広告物に係る行政機関、企業、市民など様々な立場の人が参加されますので、交流、情報交換していただければと考えております。


【違反率60%超。街に氾濫する違反屋外広告物】

2004年に景観法が制定され屋外広告物の問題は景観政策の中で重要な柱のひとつになっていますが、都市には未だ違法設置の屋外広告物が溢れて景観が損なわれ、全国の景観行政団体はこの問題に苦しんでいます。

2009年に京都市役所が行った屋外広告物モデル地域の違反調査によると、3,967社のうち2,511社になんらかの違反があり、違反率は63.3%にもなっています。
また、福岡市の平成22年度「屋外広告物の実態調査」によると、市内に設置された10平方メートルを超える広告塔や広告版、突き出し看板など1万1,473件のうち、市の屋外広告物条例で義務付けられている許可申請は35%程度、残りの65%は無許可広告物であることがわかっています。屋外広告物が無秩序に氾濫すると街の美観や優れた自然景観などが損なわれるおそれがあります。

この様な背景から特定非営利活動法人ストリートデザイン研究機構は、屋外広告物専門の景観整備団体を目指し、違反広告物の取り締まりと良好な広告景観の形成とコミュニティサインの研究開発を目的に活動します。コミニティサインの具体的な事例をグリーンズの著書「ソーシャルデザイン-社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社から引用します。

『シャッター街と化した地方の商店街は、今や日本各地ですっかり見慣れた光景です。商店街に立ち寄る事なく素通りしてしまう人が多い事が新たな問題となっています。・・・とかく人はうわさ話がすきなものです。八戸市商店街のお店一軒一軒を周り、店にまつわる「うわさ話」を取材しました。店主や店員さんの最近うれしかったことや、ちょっとした自慢、趣味や悩み等個人的なことからお店でのエピソードなどを聞き出します。そこで面白いと思ったのを「‥‥らしい」といったうわさ話風のコピーにして、黄色い吹き出し型のプレートに印刷し、店頭に貼り出します。ここの店員さんはゴルフがめちゃめちゃ上手いらしい。一見そんな他愛もないこと、と思われることでも。通りがかった人たちは、その「うわさ」を見て足を止めたり、それに端を発してお店の人と会話がうまれたりします、人々はそれまで以上に地元の商店に対して親近感や好奇心を待つようになり、それが関係を深めるきっかけになると言う斬新な仕掛けなのです。』

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング