1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

スポーツ用品店のヒマラヤ、ショッピングバッグ(レジ袋)を石灰石を主原料とする地球環境に優しい素材に変更 ~10月中旬より順次切り替え~

@Press / 2021年10月14日 10時30分

切り替え後のショッピングバッグ(LIMEX Bag)
スポーツ用品小売業の株式会社ヒマラヤ(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役会長兼社長:小森 裕作)は、10月中旬より従来のショッピングバッグ(レジ袋)を順次廃止し、石灰石を主原料とした「LIMEX Bag(ライメックスバッグ)」へ使用頻度の高いサイズから切り替えて使用開始いたします。スポーツ用品小売店でのLIMEX Bag採用は国内初※1の事例となります。

ヒマラヤ全店舗で利用している石油由来プラスチック製のショッピングバッグ(レジ袋)をLIMEX Bagへ切り替えることにより、1年間で石油由来プラスチックの使用量を約10トン、温室効果ガス排出量を約18トン削減できる効果※2(2020年度数量をベースに試算)があると見込んでいます。

※1 株式会社TBM調べ
※2 株式会社TBM算出


■ショッピングバッグ(レジ袋)デザイン
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/279972/LL_img_279972_1.jpg
切り替え後のショッピングバッグ(LIMEX Bag)

■背景・概要
ヒマラヤは、サステナビリティに関するコーポレートガバナンスを強化するため、代表取締役会長兼社長を委員長とする「サステナビリティ委員会」を2021年6月に設置しました。サステナビリティに関する重要課題のひとつである既存事業の地球環境との共生を目指す取り組みとして、ショッピングバッグの素材切り替えを検討する中で、石灰石を主原料とする「LIMEX Bag」の採用に至りました。


■LIMEX(ライメックス)とは
LIMEXは、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合素材です。世界40ヶ国以上で特許を取得しており、COPやG20の国際会議で紹介される他、日本の優れた技術として、UNIDO(国際連合工業開発機関)のサステナブル技術普及プラットフォームに登録されています。プラスチックや紙の代替製品を製造する際に使用する石油や水や森林資源など、枯渇リスクの高い資源の保全に貢献することが可能です。
*LIMEXは無機成分を主成分とする無機・有機複合マテリアル(JSA-S1008)、JSA規格の対象

LIMEXの素材の原料である石灰石は、資源輸入国である日本においても自給率100%、地球上に非常に豊富に存在する資源です。石灰石は一般的なプラスチック(PP)と比較して同体積の焼却時にCO2を約58%排出削減出来るため、プラスチック代替素材の主原料として石灰石を用いることで石油由来プラスチックの使用量を抑え(リデュース)、焼却時のCO2排出量を削減できます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング