書籍宣伝のためのまったく新しいエンターテイメント型プロモーション「FUNTRICK!消えた文鳥と6冊の本」を提供開始

@Press / 2012年6月18日 10時0分

 出版広告の老舗である株式会社とうこう・あい(東京都中央区銀座)は、書籍、出版物を、Webを通じてプロモーションするための新しい宣伝プラットフォーム「Web連合広告企画」を開発し、その第1弾として複数出版社の共同プロモーション企画「FUNTRICK!消えた文鳥と6冊の本」(謎解きプレゼントキャンペーン)の提供を開始しました。秘められたミステリを解き明かす連作パズルを楽しんでもらいながら、書籍広告への接触機会を増やすことができる、まったく新しいプロモーション企画です。
http://funtrick.honzuki.jp


【「出版広告≒新聞広告」に加えて、Webメディアの本格利用へ】
 従来から現在に至るまで、書籍の広告プロモーションは新聞広告を中心に行われています。これはマスにアプローチ出来るメディアとして、また著者・取次・書店など出版業界へリーチできるメディアとして有用であるためです。加えて、複数出版社が共同で出稿する「連合広告企画」は、各社の読者層を共有できるメリットがある広告スペースです。

 一方、インターネットを書籍広告のメディアとして利用する動きは以前からありましたが、膨大なインターネットユーザーに対して、個々の書籍のプロモーションを行うには、それぞれのターゲットへのリーチが分散傾向にあり、それゆえリスティング広告や書評サイトを利用した、比較的小規模なものが中心でした。

 出版社約700社をクライアントにもつ、出版広告大手かつ老舗である株式会社とうこう・あいは、新聞紙上の出版連合広告のノウハウを活かしながら、関連会社であるWeb専門の広告企画制作会社、株式会社フライングラインの協力を得て、まったく新しい広告プラットフォーム「Web連合広告企画」を開発しました。


【マスアプローチとターゲティング】
 マスメディアである新聞広告と比較し、インターネット上の広告企画は、ターゲットとなる購買者層を広告ページに誘導することから始めなければなりません。今回その方法として、インターネット上で属性を問わず多数の方がじっくり楽しめるエンターテイメントを提供し懸賞企画とすることで、より多くの参加者に集って頂けるように設計しました。また、新聞の連合広告企画と同様に共同プロモーションとすることで、協賛各社の相乗効果を生みやすい仕組みにもなっています。


【ソーシャルメディアによる拡散】
 本プロモーションでは、インターネットの世界で刻一刻と存在感を強めるソーシャルメディアであるFacebookとTwitterも活用します。謎解きパズルの解答には、FacebookとTwitterの認証を利用したワンクリックの手軽な参加登録を用意し、合わせて参加者によるFacebook、Twitterへの投稿による情報拡散を行います。「ミステリ」のように一定の嗜好性があるテーマにおいては、ソーシャルメディアでの人と人のつながりによる伝播が有効に作用することが期待されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング