10年に一度の世界最大の花の祭典 2012年フェンロー国際園芸博覧会の春の品種コンテストで日本の花6品種が世界一獲得!

@Press / 2012年6月21日 13時0分

表彰式の風景/受賞を喜ぶ和泉さん/受賞したエビネラン
本年4月よりオランダで開催されている「2012年フェンロー国際園芸博覧会(通称:フロリアード2012)」で春の品種コンテストが実施されました。各国から476点の品種が出品され(内、日本からの出品204点)、12点選ばれた1席のうち、日本から6点が選出されました。このほか、2席2点、3席3点、フロリアード賞10点が選ばれており、世界でもトップクラスの日本の育種・栽培技術が内外に発信されました。
6月19日(現地時間)に実施された表彰式には、「中庭・屋外の鉢物」部門に「ジエビネ(エビネラン)」を出品し、見事1席を獲得された四国ガーデン株式会社代表取締役社長の和泉卓也さんも日本から駆けつけ、その栄誉が称えられました。

【表彰式の風景】【受賞を喜ぶ和泉さん】【受賞したエビネラン】
http://www.atpress.ne.jp/releases/28143/x_1.gif

〔和泉さん受賞の喜び〕
初出品でまさか受賞できるとは思っていませんでした。ヨーロッパではまだ理解されにくいと思っていた品種がこのような栄誉を受け、大変光栄に思っています。これからも、日本の育種家・生産者の熱い思いを海外に伝える代弁者の一人としても、更に努力していきたいと思います。

〔受賞までの軌跡と今後の抱負〕
ヨーロッパでは屋内でしか育てられないイメージのあるランを、屋外でも育てられる植物としてご紹介し、評価を受けたことで、今までの努力が報われた思いです。今回、栄えあるフロリアードにおいて賞を頂くという幸運に恵まれ、今後も素材としての植物そのものだけでなく、栽培方法や楽しみ方を含め、日本の植物、「和」の魅力をどんどんと紹介し続けていきたいと思います。

〔VKC審査コーディネーターのロブさんからのコメント〕
1位に輝いたエビネランはヨーロッパでは大変珍しく、その個性的な美しさが評価されたのだと思います。
日本からの出品品種は、長時間の輸送にも絶え、美しい姿を見せてくれ、審査員全員がとても感動しています。
夏・秋の品種コンテストへの出品品種にも期待しています。


その他、詳細については日本国政府出展公式サイト http://floriade2012.jp をご覧ください。


【フロリアード2012 コンテスト概要】
フロリアード2012は、BIE(国際博覧会事務局)およびAIPH(国際園芸家協会)の認定を得た万博クラスの大博覧会であり、花き業界関係者にとって、非常に重要なイベントです。開催期間中、公式な品種コンテスト(切花、観葉植物、鉢物など)が、春、夏、秋の三回開催され、オランダのみならず海外からの出品もあり、国際的なコンテストとして実施されています。日本からも多くの育種家・生産者・種苗メーカーの方々が出品されており、世界中の方々から賞賛の声を頂いております。このコンテストで高い評価を得ることで、国際的評価と名声を得るとともに、知財も含めた輸出促進へつながることが期待されています。


【フロリアード2012春のコンテスト1席の受賞品種一覧】
http://www.atpress.ne.jp/releases/28143/y_2.gif
【ビガー・ホワイト】【貴公子】【親王】【北浜】【黄萌】

●球根類部門
1席 品種名(品目名):ビガー・ホワイト(ラナンキュラス)
   出品者    :株式会社フラワー・スピリット(長野県松本市)

3席 品種名(品目名):ラックス テセウス(ラナンキュラス)
   出品者    :有限会社綾園芸(宮崎県東諸県郡)

3席 品種名(品目名):ビガー・ピンク(ラナンキュラス)
   出品者    :株式会社フラワー・スピリット(長野県松本市)

フロリアード賞 品種名(品目名):ビガー・レッド(ラナンキュラス)
        出品者    :株式会社フラワー・スピリット(長野県松本市)
        品種名(品目名):ビガー・ベージュ(ラナンキュラス)
        出品者:株式会社フラワー・スピリット(長野県松本市)

●樹木類部門
フロリアード賞 品種名(品目名):舞姫パープル(アジサイ)
        出品者    :塩原茂夫(埼玉県本庄市)

●春の切花部門
1席 品種名(品目名):貴公子(トルコギキョウ)
   出品者    :佐瀬農園(千葉県東金市)

2席 品種名(品目名):マーブルハピネス(オキシペタルム)
   出品者    :有限会社笹岡花卉農園(高知県須崎市)

3席 品種名(品目名):貴婦人(トルコギキョウ)
   出品者    :佐瀬農園(千葉県東金市)

フロリアード賞 品種名(品目名):ロココスカーレット(スカビオサ)
        出品者    :小山修一(福岡県嘉麻市)

●ラン類部門
1席 品種名(品目名):親王(シンビジウム)
   出品者    :株式会社河野メリクロン(徳島県美馬市)

2席 品種名(品目名):ビビアン・イエローシャイン(シンビジウム)
   出品者    :株式会社河野メリクロン(徳島県美馬市)

フロリアード賞 品種名(品目名):メーテルリンク(シンビジウム)
        出品者    :株式会社河野メリクロン(徳島県美馬市)

        品種名(品目名):魅せられて(シンビジウム)
        出品者    :株式会社河野メリクロン(徳島県美馬市)

●中庭・屋外の鉢物部門
1席 品種名(品目名):北浜(クレマチス)
   出品者    :長谷川園芸(茨城県北茨城市)

1席 品種名(品目名):ジエビネ(エビネラン)※前出の通り
   出品者    :四国ガーデン株式会社(愛媛県伊予市)

1席 品種名(品目名):黄萌(きぼう)(プリムラマラコイデス)
   出品者    :石塚園芸(東京都東久留米市)

フロリアード賞 品種名(品目名):富士ヶ丘(クレマチス)
        出品者    :長谷川園芸(茨城県北茨城市)

        品種名(品目名):湖畔の夢(プリムラマラコイデス)
        出品者    :石塚園芸(東京都東久留米市)

        品種名(品目名):エンジェルマイス(マーガレット)
        出品者    :静岡県(静岡県静岡市)

        品種名(品目名):風恋香(マーガレット)
        出品者    :静岡県(静岡県静岡市)


【フロリアード2012 今後の予定】
◆夏・秋の品種コンテスト
6月11日よりフロリアード2012会場内で夏の品種コンテストが始まりました。日本からは約150品種がエントリーし、高得点を目指しています。夏のコンテスト結果発表は8月下旬の予定です。
また、秋の品種コンテストは、8月20日から10月7日まで開催されます。
日本産花きの健闘にご期待ください。

◆ジャパンデー&ジャパンフェスティバル
8月1日(水)はジャパンデー公式式典が開催され、日本からスペシャルゲストも参加します。また、1日~3日の3日間はジャパンフェスティバルと題し、琴の演奏や折り紙・習字のワークショップなど数々のイベントを開催します。
世界各国から来場される方々へ日本の園芸文化・伝統文化を紹介し、日本園芸のファンづくりに繋げていくとともに、東日本大震災復興支援への感謝の気持ちを表現します。

◆コマーシャルコンタクトデー開催(予定)
9月20日(木)は切花・鉢物を中心としたコマーシャルコンタクトデーの開催を予定しています。EU各国と日本から関係者が集い、今後のビジネスマッチングに繋げます。

◆お花のプレゼントキャンペーン実施中!
日本国政府出展を記念して、全国花き振興協議会のご協力により、ご自宅へステキなお花をお届けするプレゼントキャンペーンを実施中です。応募締め切りは毎月末で、公式サイトからご応募いただけます。皆さまからのたくさんのご応募お待ちしております。
http://www.floriade2012.jp/present/ へアクセス!


【フロリアード2012 イベント概要】

正式名称 : 2012年フェンロー国際園芸博覧会(フロリアード2012)
       Floriade 2012 World Horticultural Expo, Venlo - The Netherlands
       http://www.atpress.ne.jp/releases/28143/c_3.gif
開催期間 : 2012年(平成24年)4月5日(木)~10月7日(日) 約6ケ月間
       10:00~19:00(6月21日(木)~9月2日(日)は20:00まで)

開催場所 : オランダ王国フェンロー市
       (アムステルダムより南東に約185km ドイツとの国境の町)

会場規模 : 約66ha

参加国  : 42ケ国

入場者数 : 200万人(開催国目標)

開催テーマ: 自然と調和する人生
       Be part of the theatre in nature, get closer to the quality of life

入場料  : 25ユーロ(4歳~12歳は12.50ユーロ)

公式サイト: http://www.floriade.com/



【フロリアード2012 日本国政府出展ブース概要】
フロリアードとは、オランダで10年に一度開催される国際園芸博覧会(2012年4月~10月)のこと。今回はサッカーでも有名な「フェンロー」で開催されています。世界中の園芸文化を体験できる、楽しい展示や企画が満載です。


正式名称 :2012年フェンロー国際園芸博覧会 日本国政府出展ブース

会場   :ヴィラフローラ(Villa Flora)2階(約250m2)


出展テーマ:Feel Japonica ― Wisdom to live with nature ―
      日本の花を感じようー自然と生きる知恵
      (※JAPONICA:植物だけではなく今回広く日本の園芸文化を示す造語として利用)

コンセプト:
日本には、多様な気候・地形があり、そこに生まれた多彩な植物は、日本人の生活の中に取り入れられ、いけばなや盆栽など日本独自の文化を形成してきました。これらは日本人にとって生活の中にいかに自然を取り入れ共存していくかという視点で考えられてきた結果です。今回の展示では、もう一度改めて日本の伝統に学び、ありのままの日本を表現することにより、日本が「現在」「過去」「未来」において園芸大国であることを表現し、これを一貫したストーリーとしてわかりやすく紹介します。


ブースデザイン:
多様な気候・風土を巧みに生活の場に取り込み暮らしてきた「日本人の住まい」をモチーフに、家の中の空間イメージや部屋から屋外を見渡すイメージなど、襖や障子などで柔軟に仕切られた部屋、そこから続く「縁側・軒下・土間・庭・自然」を一体的に表現しています。
日本の花文化のあり方やその楽しみ方を様々な角度から紹介し、日本の生活空間を五感を使って体感いただけるブース設計になっています。


ブースイメージ:
http://www.atpress.ne.jp/releases/28143/d_4.gif

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

見事1席に輝いた受賞品種 2012年フェンロー国際園芸博覧会 ブースイメージ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング