柔道の野村 忠宏選手がゲストで講演 東京柔道整復専門学校 創立60周年記念式典 6月24日開催

@Press / 2012年6月22日 18時0分

理事長 高山 精雄
日本で最も古い柔道整復師養成校である東京柔道整復専門学校(東京都練馬区)は、創立60周年を記念して、来る6月24日(日)にホテルメトロポリタン池袋(東京都豊島区)にて記念式典を開催します。当日は、卒業生や在校生を始め、教員・職員を合わせて約300名の参加を予定しています。

卒業生は、接骨院や整形外科等の医療機関や介護分野などで活躍しており、その多くは接骨院を独立開業しています。また、近年はアスレティック・トレーナーなどスポーツ分野にも活躍の場を増やしています。記念式典では、本校理事長 高山 精雄による講演(『柔道整復師の原点を探り、60年を振り返る』)のほか、ゲストに柔道の野村 忠宏選手をお招きし、『折れない心』と題して記念講演をしていただきます。


【開催概要】
日時 :2012年6月24日(日) 14:00~16:00
場所 :ホテルメトロポリタン池袋 富士の間
    (住所 豊島区池袋1-6-1 連絡先 03-3980-1111)
参加者:約300名(卒業生約200名、教職員・在校生代表約100名)

内容:
講演(1)『柔道整復師の原点を探り、60年を振り返る』
    高山 精雄(たかやま きよお) 学校法人杏文学園 理事長(東京柔道整復専門学校)

[プロフィール]
1923年日本橋生まれ。慶應義塾大学在学中に学徒動員で招集される。敗戦後に結核で多くの人が死んでゆくのを目のあたりにし、労働衛生の事業と教育の仕事を始め今日に至る。社団法人労働保険協会理事長、北里大学衛生学部の講師を長く勤め、更に社団法人全国柔道学校協会会長をはじめ、厚生労働省の審議委員や全国市町村職員共済組合連合会指定講師、財団法人柔道整復研修試験財団の設立から運営など、公益法人の役員を多々勤める。
昭和44年に東京柔道整復専門学校の移譲を受けて以来43年間、柔道整復師の育成と業界の発展に全精力を注ぐ。

写真イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/28168/A_1.jpg


講演(2)『折れない心』
    野村 忠宏(のむら ただひろ)柔道家、オリンピック金メダリスト

[プロフィール]
1974年奈良県生まれ。祖父は柔道道場「豊徳館」の館長、父は天理高校柔道部元監督で柔道整復師、叔父はミュンヘンオリンピック柔道軽中量級金メダリスト、という柔道一家に育つ。天理大学、奈良教育大学大学院柔道部で活躍し、卒業後はミキハウスへ就職。
アトランタオリンピック、シドニーオリンピックで2連覇を達成後、アメリカへ留学。2年のブランクを経てアテネ五輪代表権を獲得し、2004年夏アテネオリンピックで前人未到の3連覇を達成する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング