美和テック、LGグループとロエンケイの製品を7月から国内で独占販売“日本初”の照明節電ソリューション、スマートメーター事業に参入

@Press / 2012年6月26日 13時0分

 土木資材・海洋資材商社の株式会社美和テック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:合田 惠二郎、URL: http://www.mgb.gr.jp/miwatech/ )は、2012年7月からネットワーク型照明節電システム事業を開始します。韓国LGグループの通信事業者の株式会社LGユープラス(以下LG U+)の照明節電システムを日本国内で販売、主にオフィスビルや病院、工場等への導入を推進します。

 美和テックは、これに先立ち、2012年5月に韓国スマートグリッド(次世代電力網)事業者の株式会社ロエンケイ(本社:韓国ソウル特別市、代表取締役社長:カン・スンゴン、URL: http://www.loenk.co.kr/ )と業務提携し、ロエンケイのスマートメーター(次世代電力計)製品の国内での独占販売権を取得、同年7月から販売を開始します。ロエンケイがLG U+製品の日本国内販売権を持っているため、今回の業務提携により美和テックはLG U+の照明節電システムの日本国内での販売も可能となりました。

【美和テックについて】
 1932年合名会社美和商会として発足し、1949年株式会社美和商会に改組しました。その後1963年以降港湾施設に対する防舷材、船舶係留機器、土木工業用の止水板、ゴム可とう継手、OA機器用ゴム製品等の販売を手がけ、近年では、グループ会社の株式会社ビービーエムが東京ゲートブリッジの免震ゴム支沓を設計・納入した実績があります。
 また、橋梁用ゴム支承“リング沓”をはじめ、IT関連や地球環境保全資材の開発・販売及びコンサルタント業務も行っています。1992年、株式会社美和テックに社名を変更、美和グループ(美和テック、株式会社ゴウダ、株式会社ビービーエム、西武ポリマ化成株式会社)を組織し、現在に至っています。

【ロエンケイについて】
 大韓民国にて1970年にサムリム洋行社として創業し、2010年にスマートグリッド事業に参入しました。2011年11月にスマートメーター(次世代電力計)分野の革新的な技術であるPLC(電力線通信)チップを開発・製造に成功しました。2011年11月、韓国電力公社(KEPCO)のAMI事業(スマートグリッド事業)にLG U+社とともに共同で参画しています。

【LG U+について】 http://www.uplus.co.kr/
 大韓民国の通信及び関連サービス事業者でLGグループや海外の携帯電話事業者の出資で1997年10月にサービスを開始しました。韓国証券取引所店頭市場部(旧コスダック)に上場(証券コードKOSPI 032640)、その後2010年1月にLGグループ傘下の通信会社3社が合併し、「統合LGテレコム」が誕生しました。同年7月に社名を現在のLGユープラスに変更し現在に至っています。

@Press

トピックスRSS

ランキング